AGA治療薬との付き合い方について

AGA治療薬はどのタイミングで使用すべきなのか?

男性にとって、毛髪の悩みを意識するのは不安な話かもしれません。薄毛とイコールして加齢を感じる人が少なくないからです。また、見た目が悪くなってしまったのではないかというネガティブな気持ちを強めてしまうかもしれません。しかし現実に起きてしまった出来事から、目を背けてしまうと、解決が遠のくものです。そのためAGA治療は、早期発見早期治療をお勧めします!「髪のボリュームが減った」「頭部の地肌が見える気がする」「風呂の排水口に毛が溜まりやすい」など、ちょっとした変化も見逃さないようにしましょう。

AGA治療薬はたくさんある!

現代、AGA治療薬はたくさんの種類があります。古くからある第一選択薬とされるものから、ジェネリック、最近ではクリニックオリジナルの薬も登場しました。または、複数の薬を併せて服用するなど、投薬治療の選択肢は多岐にわたります。ここで必要なのは、いかにベストな薬をチョイスするか、です。安価だから通販にしようとか、複数飲めば効き目も早いのではないかと思い込むのは、かえって治癒への遠回りになりかねません。やはり専門のクリニックへ通い、専門医に従って、症状に合わせた薬を処方してもらうのが良いでしょう。

投薬治療中にすべきこと

治療を始めたのであれば、その効果を最大限に引き出すことが、患者の務めでもあります。お金を払ったのだからといって、漫然と不摂生をしてしまえば、効果を期待できる薬の価値も下がってしまいます。育毛のためにストレスを溜めないよう、メンタルヘルスに気を付ける、バランスを考えた食事をするなど、健康的な生活を送りましょう。適度な運動で汗をかくのも良いですね。そうしていくうちに、育毛への可能性も高まりますし、ボディラインも美しく変化するでしょう。トータルビューティーを目指せば、周囲があなたを見る目も変わりそうです。

半年は様子を見ること!

AGA治療薬の効果が出るまで、時間がかかります。数週間程度で発毛しないからといって、治療に疑問を持ってしまうのは早計なのです。まずひとつの治療について、最低でも半年は継続してください。やや根気が要るものですが、AGA治療薬というものは、即効性のあるタイプとは違うのです。そこから数年間くらい治療を継続していきます。その中で、ストレスを溜めないような、体を大切にする生活をしましょう。AGAの原因のひとつに「ストレス」という説が支持されています。この場合、患者側の意識や環境の変化で、治療期間が短縮されることもあります。