安さにはウラがある?AGA治療費の相場を徹底追及!

AGA治療は費用対効果が肝心?

ムダ毛のように、時として嫌われがちな人の体毛ですが、髪の毛となると話は別です。毛髪は老若男女、命尽きるまで存在して欲しいと願うもの。そしてその執着は、薄毛に悩む男性なら特に強いと言えるでしょう。最近ではAGA専門のクリニックに通う方や、通販でAGA治療薬を手に入れる方も少なくありません。美容クリニックで美しさをお金で買うように、薄毛を手軽に治療できる時代なのです。とは言え、気になってくるのが治療費におけるお財布事情。治療方法によって費用に違いがあるので、まずはAGA治療の費用対効果ついて調べることが先決と言えます。

AGA治療は保険適用外

AGAクリニックで治療を受けた場合、残念ながら治療費に健康保険が適用できません。クリニックにもよりますが、その治療法は発毛や自毛植毛を用いることがほとんど。美容整形と同じ扱いになり、厚生労働省が定めた医療保険の中では適用外になります。これからAGAクリニックでカウンセリングを受ける方は、美容クリニックと同様、支払いは実費のみということを念頭に置いてください。そして肝心なAGA治療費ですが、発毛注射を受ける際は10,000円から40,000円ほどの費用が必要です。また飲み薬の費用は、1ヶ月7,000円から10,000円ほどが相場と言われています。

治療薬は通販で購入可能

前述で述べましたが、AGA治療薬は通販で購入することも可能です。1ヶ月分の費用は8,000円から15,000円が相場と言われており、クリニックを介さない分診療代を抑えることができます。しかし専門的な診察を受けないため、症状に合った治療薬がわからなかったり、最悪な場合薄毛を進行させてしまうという危険性が生じることも。AGAに悩む人が治療過程をブログで公開するケースもありますが、紹介する治療薬が必ず自分に合うとは限らず、発毛治療なしに完治できる保証もありません。安全面を考慮するのであれば、信頼できるクリニックに全てを委ねた方が無難と言えます。

遠隔診療で不安を払拭

クリニックで診察を受けたいけど、気恥ずかしさが勝って足を運べない方も多いと思います。しかし、心配はご無用。最近はAGAにおける診療の規制が緩和され、遠隔診療を用いるクリニックが増えています。またクリニックによっては、治療薬代のみでAGA治療を行うケースもあります。AGAに限らず、クリニックでの初診には勇気が伴うものです。しかし遠隔で医師に相談するうちに、不安や気恥ずかしさも吹き飛んでしまいます。治療内容や医師に不満があるなら、別のクリニックを探せば良いだけ。忙しい方や診察料を抑えたい方にもうってつけです。