夏こそ注意!身近に潜む薄毛リスクに気をつけろ!

紫外線に注意

夏は何かと忙しくて髪の毛のケアをおろそかにしていませんか?夏は特に頭皮や毛髪にダメージを受けやすく、ケアを怠り放置すると秋になってから抜け毛や薄毛に悩む事も。しっかりとお手入れして少しでも薄毛リスクを抑えましょう。まずは夏と言えば強い日差し、そして紫外線です。顔や体には日焼け止めはしっかり塗っているとは思いますが、実は頭皮も同じくくらい多く紫外線を浴びているんです。外出時の帽子や日傘はマストです。また時々は髪の毛の分け目を変えて、同じ部分だけ強く紫外線を当たらないようにしましょう。

夏も乾燥に注意

長時間の冷房も毛髪や頭皮にはよくありません。冷房にあたり続けると髪は乾燥し、キューティクルもはがれ易くなり、潤いが失われパサパサに、、、。また同時に乾燥した頭皮は硬くなり、血行不良の原因にもなります。冷房の温度だけでなく風量や風向もしっかり調節してなるべくダメージを受けないようにしましょう。定期的にオイルなどで頭皮をマッサージして、硬くなった頭皮を柔らかくほぐすのもおすすめ。また今話題の炭酸のヘッドスパで、粒子レベルで汚れを落として、髪、頭皮を一気にリフレッシュするもの良いですね。

髪型によってリスクが増える?

綺麗なロングヘアは女性の憧れです。最近では男性でも髪を伸ばしておしゃれを楽しんでいる人もいますが、実はこのロングヘアはショートヘアに比べると薄毛になるリスクが潜んでいるんです。

その理由は、まずは髪の重さ。常にその重さ分頭皮が下に引っ張られている為頭皮に負担がかかり抜け毛も起こりやすいんです。またシャンプー時ですが、やはりロングだと毛が多く頭皮が洗いにくかったり、洗い残しが多くなりがちで毛根が詰まりやすいと言えます。そしてロングヘアはどうしても通気性が悪い為蒸れやすく、残念ながら頭皮にも髪の成長にも良くありません。

ロングヘアのお手入れ注意点

そうは言ってもショートにはしたくない。ロングヘアはやめられないという方でも大丈夫。きちんとケアをすればロングヘアでも薄毛のリスクを抑える事ができます。まずはシャンプーの前にはしっかりブラッシングしましょう。これだけで髪についたほこり等を落とす事ができ、その後のシャンプーにも効果的です。頭皮まで洗いやすくなります。そして濡れた髪は自然乾燥ではなくドライヤーできちんと乾かす方がお勧めです。濡れた髪はキューティクルが開いていてとても痛みやすい状態。適度な温度でしっかり乾かし、髪の毛だけでなく頭皮の蒸れも防ぎ清潔にしましょう。