ヘアサイクルの乱れを正してAGA対策を!

ヘアサイクルとAGAの関係性って?

ヘアサイクルとAGA、この2つは切り離せない重要な関係性で繋がっています。そもそもAGAとは、男性ホルモンの影響で髪の毛が薄くなってしまうことを指します。この男性ホルモンとはテストステロンと呼ばれ、酵素と結びつきヘアサイクルで成長期と呼ばれる時期を狂わせてしまうのです。成長期が狂ってしまったヘアサイクルでは、髪の毛が成長しきれずに育ってしまい、結果抜け落ちてしまうということに。そうなると細くて柔らかい産毛のような髪の毛が増えてしまい、薄毛になるという構造です。

ヘアサイクルを正す3つの方法

正しいヘアサイクルに戻すことが、AGA対策の近道です。そこで、ヘアサイクルの乱れを正すために心がけたいことが3つあります。1つ目は「栄養バランスのよい食事」です。髪の毛が成長するために必要な栄養素を摂取できるようにしていきましょう。注意したいこととして、脂質の摂りすぎが挙げられます。脂質を摂りすぎてしまうと、頭皮の皮脂も増えてしまい頭皮環境が悪化してしまう可能性が高まります。2つ目は「運動」です。一駅分歩く、軽いジョギングをするなどして運動を心がけましょう。血流が良くなり発毛促進効果があります。3つ目は「睡眠」です。良質な睡眠をとり、成長ホルモンの分泌を促して発毛へと繋げましょう。

タバコには要注意

ヘアサイクルの乱れを正すためにも、生活の見直しは必須の工程です。生活を見直す中で、喫煙習慣がある人は要注意です。AGA対策のためにも、禁煙を心がけてみてください。というのも、喫煙によるデメリットが多いためです。煙草は血管を収縮させてしまうため、血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると頭皮まで栄養がいき届かなくなり発毛が促進されずに終わってしまいます。また、煙草を吸うとビタミンがなくなってしまいます。実は、発毛に必要不可欠な要素の1つとしてビタミンCが挙げられます。このビタミンCを保持するためにも、身体全体のためにも、禁煙を意識してみてくださいね。

ヘアサイクルがいきているうちに、早めのAGA治療

ヘアサイクルは、一度終わってしまうと毛根も終了。役目を終えた毛根は復活しない=髪の毛が生えないということに。つまりは、ヘアサイクルがしっかりあるうちにAGA治療を行うことがとても大切です。専門機関で医師による診断のもと、治療を開始するのがベストです。自身でできることとしては、生活習慣の見直しです。食事・運動・睡眠を良質なものにしていきましょう。喫煙している人は禁煙を。医師に頼るところはしっかりと頼り、自分自身でもできることは今スグにでも対策し、薄毛の悩みから1日でも早く解放されましょう。