AGA治療に効果的?ミキノシジルで薄毛を改善しよう

AGAは治療薬で改善できる!

男性型脱毛症、別名AGAの根本原因には男性ホルモンが関与しています。専門クリニックでは、カウンセリングを通し各々に治療薬を処方しますが、その成分の詳細が気になる方も多いのではないでしょうか。AGAの改善にはプロペシアやミキノシジルが用いられており、どちらも育毛や脱毛予防を促進する上で欠かせない治療薬です。そこで今回は、AGA治療薬の成分の詳細や、人体に与える影響などについてご説明します。薄毛を改善したい方や、AGA専門クリニックが気になる方にとっては興味深い内容なので、ぜひ最後までご覧頂き今後の参考にしてくださいね。

発毛・育毛効果に最適なミキノシジル

上記でも述べたように、AGA専門クリニックでは治療薬にミキノシジルが用いられています。この治療薬の発祥は1970年代にまで遡り、当初はアメリカにおいて血圧降下剤として使用されていました。しかし、副作用において全身の毛が増える多毛症が発見され、臨床試験を行ったところ頭皮の脱毛症に有効であることが確認されました。現在では薄毛改善の治療薬として世界中から認知され、厚生労働省からも医薬品成分として認可を受けています。また、市販の発毛剤でミキノシジルを配合した商品も販売されており、国内だと大正製薬の「リアップ」が有名です。

副作用はある?

ミキノシジルには毛髪内部の毛母細胞を分裂させ、頭皮の血行を良くしながら髪の成長を促すはたらきがあります。髪の毛の土壌を作る、農作物の育成に例えるなら肥料のような役割を担うのです。また、ミキノシジルは全ての方に合うというわけではなく、副作用を発症させる例もあります。その代表的な例はズバリ「痒み」。個人差はありますが血行促進やアレルギー反応などから、痒みの症状が引き起こされるケースがあるのです。元々肌が弱い方や頭をかきむしってしまう方、頭皮の健康状態が悪い方にとっては不向きな治療薬と言えます。

プロペシアとの併用がオススメ

ミキノシジルにはひとつだけ欠点があります。それはAGAの改善を望む場合、その効果は頭頂部にしか現れないと言うことです。よって薄毛の状態が額の生え際に集中している場合、発毛の効果は期待できないと心得てください。ドクターとよく相談し、別の治療法を見つけ改善を目指しましょう。また、クリニックにおけるミキノシジルの治療法には、プロペシアとの併用が欠かせません。プロペシアには脱毛の原因となる男性ホルモンを抑制し、毛髪のサイクルを正常にするはたらきがあるからです。脱毛を防ぎながら発毛を促す、この治療法こそがAGA改善に最適なのです。