プロペシアで初期脱毛が続いても大丈夫?

プロペシアの驚くべき副作用

育毛剤プロペシアを服用すると、発毛剤、育毛剤のはずなのに多い人で約2倍の量の頭髪が抜け落ちるといった現象が現れます。これを育毛剤服用による副作用で初期脱毛と呼びます。髪の毛を今以上に増やしたいために使用する育毛剤なのに脱毛し始めるわけですから、このプロペシアは効果が無い不良品だといった誤解と、日々大量に抜け出す頭髪に耐えられずに精神的に滅入ってしまうといったことが起こります。プロペシアに関しては、この初期脱毛の副作用が現れたということは、育毛効果が出てきているというように受け止めて良いでしょう。余分な心配や不安などで使用継続をストップしてしまうとこの先の育毛効果を得ることが出来ません。

初期脱毛の期間とは?脱毛開始と治まる時期

脱毛症の人にとって、もうこれ以上脱毛が増えるなんて精神的負荷が大きく耐えられない現象ですが、プロペシアを服用するにあたっては初期脱毛を避けて通ることが出来ないようです。プロペシア服用の大半の人が、服用開始から約2週間で頭髪が抜け出します。これは、個人差があるもののプロペシア服用によって血清中のジヒドロテストステロン濃度が大きく下がる期間なのです。初期脱毛が始まるとだいたい、1カ月ほどは脱毛し続けます。経過が早い人では1~2週間ほどで、遅い人では3か月も初期脱毛が続いてしまいます。こうなると、精神的ダメージも大きく使用を止めてしまうなんてことが出てきてしまいます。

脱毛後は発毛、育毛効果絶大!

プロペシアによる初期脱毛は、精神的苦悩の末に使用を決心した育毛剤の副作用ということからも、大量に抜けていく毛髪をもうこれ以上見たくないといった精神的苦痛を強いられます。また、プロペシアの効果が期待出来ないのではと信用を失ってしまったり、もう頭髪が生えてこないのではないかといった疑念が湧いてきます。しかし、この初期脱毛はプロペシアが育毛剤としての効果が出てきた証拠と受け止めて服用休止などはしないようにしましょう。この初期脱毛の症状が酷い人ほど、その後の発毛効果、育毛効果が絶大とも言われていますので何とか乗り越えて脱毛症の改善の道をたどりましょう。

育毛剤にはプロペシア

AGAが発症する原因は、ヘアサイクルが乱れて正常ではないことです。ヘアサイクルとは、成長期、退行期、休止期といった3つの期間からなっています。このうち、成長期が極端に短くなると、細く弱い毛髪が多くなってしまい成長期に太く長く成長する前に抜けてしまいます。このように、ヘアサイクルが乱れることが脱毛の原因です。プロペシアの使用による初期脱毛は、ヘアサイクルの乱れによる細く弱い毛髪です。この弱毛が抜けきった後に、太くてしっかりした強い毛髪が生えてきます。正しいヘアサイクルを取り戻すために初期脱毛があります。このためにも、発毛、育毛にはプロペシアの継続使用をおすすめします。