リアップの効果と副作用のリスクとは?

手軽に手に入れられるリアップとは

リアップは実用的な育毛剤として知られているのは、一般用医薬品のリスク区分、第一類医薬品に分類されているからです。これは、店頭で手軽に手に入る、いわゆる専門医師の処方箋を要しないといった身近な製品なのです。ただ、店頭薬剤師を介するということが条件ですがそれで購入することは可能です。脱毛症に高い効果を得られると評価があるリアップは、メーカーによってリアップを6カ月使用した約7割の人が改善効果があると発表されています。日本に先行して医薬品として承認されたアメリカにおいても、壮年性脱毛症の症状に発毛効果がみとめられています。

リアップの主要成分

リアップの主要成分は、ミノキシジルです。毛包に直接アプローチすることにより、発毛や育毛効果を発揮します。乱れたヘアサイクルによって毛包が小さくなり、成長が止まった細くて弱い毛髪を、太くて強い毛髪に成長させます。リアップの主要成分、ミノキシジルは、あらゆるタイプの壮年性脱毛症に対して発毛を効果的に促進させます。それは、発毛にとどまらずこれ以上の脱毛をも防ぎ、頭髪を今以上に健康的に豊かにします。安心、安全性にも考慮され、発毛成分のミノキシジルは世界各90カ国以上で承認されている有効成分として名高く使用されています。

リアップの使用におけるデメリットとは

リアップの効果を想定しているものの代表として、頭頂部の薄毛が気になるうえ、生え際も薄い場合には目に見えて効果が期待出来るとされています。ここが注意を要する点で、生え際のみの薄毛にはあまり効果が見込めないといった点がデメリットでしょう。また、頭頂部の髪は豊かなのに他の箇所が薄毛の場合もあまり発毛効果が得られないと言われています。また、壮年性脱毛症に効果が得られるとされるように、30代以上の男性への使用を設定されています。よって、10代、20代の若年性脱毛症には効果が期待出来ません。ご自分の薄毛の特徴や原因を明確に把握することが非常に大切です。

リアップによる副作用のリスクとは?

リアップの取り扱い説明書にしっかり明記されているのが使用による副作用です。副作用の恐れは、循環器系の異常、皮膚の異常、神経系の異常、代謝系の異常と4種類に分類されます。全ての症状が全ての人に現れるものではなく、体調や体質などによって個人差があります。循環器系は血圧低下、心拍数の増加、心筋梗塞、皮膚の異常は発疹、かゆみ、かぶれ、神経系は頭痛、めまい、胸痛、代謝系は体重増加、手足のむくみなどが挙げられます。頭皮が火照ったり、発疹、かゆみが出現するといった症状が一般的に多いようです。これらリアップの使用による副作用は、主要成分であるミノキシジルによる副作用とされています。