ミノキシジルの発毛効果とは

ミノキシジルとは

ミノキシジルには塗布タイプ、または経口摂取の錠剤タイプの2種類の育毛剤有効成分として注目を浴びています。もともとは、高血圧患者のための降圧剤の有効成分として開発されましたが、この高血圧患者の方々に多く、全身での多毛症が見受けられたことから、ミノキシジルによって発毛効果が得られるとして育毛剤の発明へと繋がりました。

血管拡張を促すことで、ヘアサイクルを正常に戻していきます。薄毛治療に最も大切なのは、このヘアサイクルを正常にすることなのですね。

とくに、M字型の薄毛の人にとって効果が期待出来るミノキシジルは、薄毛治療の気になる治療方法となります。

ミノキシジルの飲み薬と塗り薬

日本でミノキシジルが育毛剤として正式に配合された製品は、1999年に発売された大正製薬のリアップです。医薬品として認可されているミノキシジルは、しっかりとした臨床試験データに基づき発毛効果レベルにおいて、医師の高い評価を得ています。

このリアップは、日本で認可されている唯一塗布タイプの育毛剤です。一方で、服用タイプとして開発されたミノタブは、日本での購入が困難なため、海外直輸入で手に入れるしかありません。

効果には、製品によって差が生じ、とくにミノタブの確実な購入方法は不確実とされています。基本的にAGA治療薬はいずれも効果を実感するまでに、時間がかかるといわれています。

ミノキシジルの発毛効果と発毛経過

ミノキシジルの服用によって、血管が拡張され血流を促します。育毛には、毛髪への充分な栄養素が必要なことからも、血管が拡張されるということは発毛に好影響を与えるとされています。そのなかでも、毛乳頭細胞の細部までしっかりと栄養が運ばれることで、かなりの発毛効果を得ることが出来ます。

ミノキシジルを服用した場合は、プロペシアのみの服用した場合よりも発毛効果を実感するスピードが速いと言われています。しかし、発毛を実感するまでにはいずれも、治療開始後6カ月は治療継続が必要です。

治療初期には、初期脱毛といった症状が現れますので、慌てず、焦らず治療を継続することが重要です。

ミノキシジルの副作用と注意点

ミノキシジルの副作用として挙げられる代表的なものは、初期脱毛です。治療開始後、約1カ月から1カ月半を経過する頃に、一時的に脱毛の量が増える症状です。ミノキシジルの効果により育毛が進み、新しく生まれようとする毛髪が、古くて弱った毛髪を外に押し出そうとします。初期脱毛を実感するのは、治療開始した人の全体の約3割の人とされていますが、この副作用が見られるということは、新しい強い毛髪が育っている証拠なので焦らないことが大事ですね。また、肝機能に悪影響を及ぼす可能性があります。ミノキシジルを治療薬として使用する際には、専門医師に相談しながら治療を進めましょう。