ミキノシジルは服用がベスト?内服薬・外用薬の違いについて

気休めの薄毛ケアに警笛!

薄毛の症状に悩む方は、誰もが一度は発毛剤・育毛剤の購入を検討されるかと思います。そしてドラックストアに並ぶ薄毛ケア商品の中には、AGA治療に用いられる成分が含有しているものも存在します。しかし購入後、一定期間ケアを行っても全く改善されない方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、AGAの症状が深刻化している場合、気休めのケア商品では完治が望めません。クリニックで適切な治療や薬の処方を受けない限り、薄毛治療の根本的な解決にはならないのです。そして根本的な解決とは、男性ホルモン、即ちAGAの原因となるホルモンを抑制することにあります。

専門クリニックの門を叩こう

AGA専門クリニックの門を叩くことに、躊躇してしまう方はとても多いものです。しかし、薄毛に悩んでいる方はあなただけではありません。そう、AGAクリニックで治療を受ける通院者数は年々増加傾向にあるのです。CMや雑誌などの影響からメジャーになり、一般的な病院のように通院しやすくなっています。AGAクリニックにおける治療法は、フィナステリドの治療薬でAGAの原因ホルモンを抑制し、ミキノシジルの外用・内服薬で発毛を促します。そして先に述べたように、後者のミキノシジルは市販の発毛剤にも含有している成分です。

発毛と言えばミキノシジル

ミキノシジルは、元々は高血圧の治療剤として用いられていました。その成分は血管を拡張する作用が主体でしたが、発毛の促進効果もみられ、次第に発毛・育毛用の外用薬として認められるようになりました。毛乳頭に作用するミキノシジルは、生体内でアデノシンと呼ばれる成分を分泌させ、毛髪の生成を促す細胞増殖因子を産生させるはたらきがあります。医師の処方箋が必要なフィナステリドと比べると、ミキノシジル配合のケア商品は比較的入手しやすいと言えるでしょう。しかしケア商品を含む外用薬、内服薬とでは、体内に及ぼす作用に大きな隔たりがあります。

効果があるのは内服薬?

ミキノシジルの有効成分は外用薬、内服薬共に同じです。しかしローションや外用薬で塗布するよりも、内服でダイレクトに体内に浸透させた方が、効果をより感じやすいと言われています。絶対ではありませんが、頭皮の状態によっては、外用薬がうまく浸透しない場合もあるからです。そして内服薬は効果が高い分、副作用のリスクも伴います。発赤や全身の多毛、動悸、不整脈などです。もちろん、全ての人に副作用が現れるわけではありません。簡潔に例えるなら、安全面を考れば外用薬、効果を実感したいなら内服薬、と言ったところです。