もしかして薄毛の原因かも!薄毛と食べ物の関係とは?

実は薄毛の原因になっていた?

薄毛の主な原因は、基本的に生活習慣の乱れが大きいとされています。多忙による不規則な生活習慣の結果が、薄毛の症状となって現れます。

不規則な生活は、知らず知らずのうちに心身のストレスとなり、毛髪の生成サイクルを乱します。これがAGA(男性型脱毛症)に繋がります。

これらの習慣に加えて、間違った毛髪ケアや頭皮ケアによってさらに脱毛を進行させてしまいます。

生活習慣とは、食事、運動、睡眠が基本です。このうち、ビタミンやミネラルなどの栄養不足が薄毛の原因を作っているのです。

頭皮の健康、毛髪の成長を促すためには、栄養を毛髪に送らなければなりません。

薄毛を進行させていた食べ物とは?

普段何気なく食べているものに、実は薄毛を進行させていた食べ物があることをご存知ですか。食生活は、本人の意識の高さが非常に影響するとされ、ともすると適当な食生活の繰り返しとなってしまいます。

では、薄毛を進行させてしまう食べ物を挙げていきましょう。

薄毛の原因、血行不良を促進させる一番の食べ物が甘いものです。チョコレートや和菓子など、糖分の多い食べ物を摂取すると、体内では血糖値が高い状態が継続し、血行不良を生みだします。

また、過度のアルコール摂取、脂分の多い高カロリーな食事は、頭皮環境を悪化させます。

これらの食事で空腹が満たされると、育毛に必要なビタミンやミネラルを摂取出来ず不足となります。

食生活の改善で薄毛対策を!

さらに、無理なダイエットによる栄養不足、脂質過多で炭水化物過多のジャンクフード、化学調味料を使用したカップ麺やコンビニの弁当は、完全にビタミン、ミネラル不足を招きます。

皮脂の過剰分泌を促し、血流悪化によって薄毛を促進させてしまいます。

時短などで簡単に美味しい食事で毎日を過ごさず、まずはこれらの食生活を改善し、頭皮や毛髪に必要な栄養素を食事で摂取するようにしましょう。

また、栄養素だけではなく、その食べ方にも問題が潜んでいます。例えば、暴飲暴食など食欲にまかせた食べ方、就寝直前の飲食、外食続きなどは、身体だけではなく頭皮や毛髪に負担をかけ薄毛を進行させてしまいます。

薄毛に効果が期待出来る食べ物とは?

毛髪促進に必要な栄養素は、タンパク質やアミノ酸が豊富な食べ物、ビタミン、ミネラル、亜鉛、ポリフェノール、コラーゲン、イソフラボン、カプサイシン、乳酸菌など、一度は耳にしたことがある栄養素ばかりですね。

海藻類なども毛髪に良いとされています。これらの栄養素が豊富に含まれている食べ物は次の通りです。

牡蠣、レバー、大豆製品、緑黄色野菜、ナッツ類、肉類(赤身肉や鶏肉)、魚類(とくに鮭)、かんきつ類、乳製品、唐辛子、わかめなどの海藻類、しじみなどの貝類、ごま、卵などです。これらの栄養素をバランスよく日々の献立に取り入れると良いでしょう。