毛髪を育てて脱毛を食い止める!原因と対処法

男性ホルモンの変化による脱毛

男性ホルモンは身体のあらゆる箇所の男性らしさを保つために必要になるものです。テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、男性特有の筋肉を作り出し、体毛を濃くし、性欲を旺成にします。このテストステロンが、体内酵素のひとつである5αリダクターゼと結び付くことで強力な脱毛物質、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンを生み出します。ジヒドロテストステロンは、抜け毛を加速させるうえ、髪の毛の成長を停止させる働きをします。この男性ホルモンの変化によって、正常なヘアサイクルを阻害されることが脱毛の原因になります。脱毛を食い止めるには、このジヒドロテストステロン対策を施す必要があります。

遺伝的要素が強い脱毛

脱毛の症状によっては、遺伝が関係している場合が多いです。原因として考えられるのは、男性型脱毛症(AGA)で、男性ホルモンによる影響により発症することがわかっています。つまり、脱毛症になりやすい体質が遺伝するのです。太りやすい体質毛の濃さが遺伝するように、脱毛も遺伝的要素が強いとされています。遺伝子のなかには、デンセイホルモン受容遺伝子と呼ばれる、薄毛遺伝子があります。X染色体の中に含まれていて男性ホルモンの働きが関係し、男性ホルモンが分泌が脱毛作用があるとされています。親の体質がそのまま遺伝するというよりは、「遺伝的要素が強い」といったことでしょう。

軽視出来ないストレスによる脱毛

現代社会とストレスは切っても切れませんが、過度なストレスは円形脱毛症をはじめ、白髪、薄毛を引き起こす原因になります。ストレスがかかることで自律神経のバランスを崩してしまいます。これがいちばんの薄毛、脱毛の原因とされているのです。ストレスは血流を滞らせます。血行が悪くなると毛母細胞へ送られるはずの栄養が滞ってしまうために薄毛、脱毛に大きな影響を与えます。また、自律神経のバランスが崩れると、内臓機能が低下、髪の毛を作る成分の吸収率が下がり、タンパク質や亜鉛などの成分が不足することで髪の毛が細くなり抜けやすいといった状況を作ってしまいます。

食事や睡眠など崩れた生活習慣による脱毛

薄毛は生活習慣の乱れによって引き起こるといえるでしょう。栄養不足や栄養バランスが崩れる、寝不足、ストレス等がホルモンバランスを崩し、栄養不足、頭皮環境の悪化を引き起こし、薄毛、脱毛を招きます。食事、睡眠、運動を適度にバランスを保ち、身体の健康とともに頭皮環境を正常に保つことで、薄毛、脱毛を防ぎます。このように、生活習慣は日々の蓄積とともに気付かないうちに脱毛の原因が蓄積されてしまいます。脱毛を防ぎ、毛髪を強くする、育てるためにも日々の生活習慣は非常に大切です。身体に悪いとされる習慣を断つことから、脱毛を予防していきましょう。