うす毛の原因は一体なにか。また、防ぐことはできるのか?

なんとかして避けたいうす毛

最近、髪の毛のハリ感やコシがなくなってきたと感じることはありませんか。また、抜け毛が明らかに増えた・・・と感じるなど、抜け家やうす毛のトラブルの症状は様々です。正しく毎日の頭皮ケアができていなかったり、遺伝的な要素で抜け毛が避けられなかったりすることもありますが、なんとかしてヘアスタイルをキープしたいという気持ちも強いのではないでしょうか。この毛の悩み、一体原因はどこからきているのでしょうか。また、防ぐ方法はあるのでしょうか。日々のケア方法や昨今の抜け毛対策方法までを改めてチェックしてみましょう。

清潔第一。毎日のケア、正しくできていますか。

1日忙しく働いて帰ったあと、ソファーで横になってそのまま寝てしまったり、シャワーを浴びないでベッドに入ったりしていませんか。男女問わずに頭皮ケアは重要なものとして美容室などでもスカルプケアのメニューが用意されていることが多いです。つまり、毎日就寝前には必ずシャンプーをして清潔な状態で朝を迎えることが望ましいのです。冬には気づきにくいものですが、頭皮からは汗や油が大量に分泌されており、1日を終える頃には毛穴に汚れがたっぷり詰まっている状態なのです。それを放っておいたまま就寝するのは自殺行為とも言えます。

自分でもできる日々のケア

日々のスカルプケアで頭皮を良い状態に保つことも大切なことです。スカルプケアに特化したシャンプーやヘアトニック、頭皮用のマッサージローションなどもあります。うす毛などが気になる場合や、将来的に髪になんとなく不安を抱えている場合は自分でできるケアから始めておくと安心でしょう。うす毛対策からはじめたケアで、髪全体の調子も良くなったという意見も多いようです。せっかくなら長くヘアスタイルを楽しみたいもの、日々のほんの少しのケアで健康な髪をキープできるのなら気分的にも楽なはずです。まずはドラッグストアをのぞいてみましょう。

遺伝的な問題

よく、「うちの家系はみんな薄くなるから・・・。」などと嘆いている話を耳にすることも多いのではないでしょうか。もちろん、うす毛などは遺伝的な要素もあるものですが、日々の生活習慣だったり、ホルモンが原因であることも多いのです。つまるところ、男性ホルモンが抜け毛やうす毛の原因であることは医学的に明らかになっているわけですので、自分でケアをしつつ医学に頼ってしまうというのも、てっとり早い解決方法の1つです。なかなか一歩を踏み出しにくいものですが、夜遅くまで診療している病院も多いのでまずはカウンセリングから始めてみましょう。