急激に増えた抜け毛に要注意!抜け毛のタイミングとその原因とは?

異常な抜け毛が気になるとき

私たち人間の毛髪は、抜ける、生えるといったように発毛サイクルを繰り返し行われているため、どのような人でも日々の生活のなかで抜け毛は正常な現象です。個人差はあれ、だいたい一日のうちで約50~100本程度の抜け毛があるとされています。

これが、例え150本、200本でも発毛サイクルが同じペースで繰り返されているのであれば心配ありません。元々の毛髪本数が多ければ、それだけ抜け毛も多いので、抜け毛本数には個人差があると捉えましょう。

しかし、急激に抜け毛本数が増えた、抜け毛が細く弱々しい毛髪だ、まだ伸びきっていない短い毛髪が目立つなどといった症状は危険信号が隠されている場合があります。

抜け毛レベルを観察する

通常の発毛サイクルには、「成長期」、「退行期」、「休止期」とありますが、AGAの疑いのある発毛サイクルは、成長期が異常に短期間となり、毛髪が十分に成長しないまま抜ける状態です。

日々の生活のなかで、抜け毛を把握出来るタイミングとしては入浴時のシャンプーの際や、ドライヤーで毛髪を乾かす際だったりします。または、就寝の際の枕に落ちる毛髪の量や肩や洋服に付く毛髪が目立つなどが挙げられます。

抜け毛の質や毛根の状態をチェックすることも欠かせません。自然に抜け落ちる毛髪は、毛根が丸みを帯びています。しかし、AGAの場合は、毛根が細く尖り、或いは、毛先と毛根の太さが同じなど見られます。

前触れもない突然の抜け毛は専門家へ相談

一年のサイクルのなかで、秋に抜け毛が多いと知られていますが、夏の強い紫外線を浴びた頭皮や毛髪はかなりダメージを受けて抜け毛が激しくなります。通常よりも2倍程の抜け毛量ともされています。

しかし、なんの前触れもなく突然抜け毛が大量に発生する場合は、注意が必要です。抜け毛は、頭皮の環境をはじめとする血液やホルモンのバランスが崩れることが主な原因です。抜け毛が大量、または短い毛髪の抜け毛が目立つなど、薄毛症状が気になるようでしたら、専門家へ一度相談することをおすすめします。

抜け毛の症状の奥には、さまざまな身体のサインが隠れていることがあるので、早期に専門医師に相談してみましょう。

危険性を伴う抜け毛

急激に増えた抜け毛、なんの前触れなしに来た抜け毛、ヘアサイクル関係ない抜け毛は、危険な抜け毛です。これは、毛根に何らかの問題があるということですね。

萎縮毛と呼ばれる根元が細い毛髪は、毛根が痩せて頭髪全体が抜け落ちる「びまん性脱毛症」の可能性が考えられます。

また、抜けた毛髪の根元が白く脂がついているのは、毛穴が脂で詰まっている状態を意味します。これは、「脂漏性脱毛症」の原因ともなります。ヘアサイクルに支障を来たし、皮脂の異常分泌や乾燥による皮膚トラブルやホルモンバランスの崩れ、ストレスや生活習慣の崩れからの栄養不足など、危険性を伴う抜け毛にはあらうる原因が潜んでいます。