ストレスはうす毛を招く?治療中はメンタルケアにも気を配ろう

うす毛の気にし過ぎはNG

AGAクリニックへ行く動機は人それぞれ。自分に自信をつけたり、意中の女性を振り向かせるなど、目標を立て前向きに治療を受ける方がほとんどです。しかしあらゆる動機の根底には、見た目が損なわれることへの恐怖感が存在しています。うす毛であることは悪、嫌われてしまうと考える方があまりにも多いのです。社会生活を送る上で大切なのは、見た目ではなく身だしなみ。そしてうす毛の気にし過ぎはストレスを招く原因になり、ますます抜け毛を増やしてしまいます。治療中はなるべく前向きに、将来の展望に希望を持つことが大切なのです。

ネガティブイメージの矛先は自分自身

男女年齢問わず抱いてしまう、うす毛への嫌悪感。しかしそのネガティブイメージは他者ではなく、自分自身へ向けられているケースがほとんどです。言い方は悪いかもしれませんが、皆自分の生活でいっぱいいっぱい。他者の見た目なんて気にする暇はありません。うす毛をバカにしたり、笑いものにする人はただ単に性格が悪いだけ。そしてそんな人達の心無い言葉に囚われる必要もないのです。うす毛だから嫌われていると感じるのであれば、それは自身の考え方に問題があると言えます。他者から見れば、外見を気にするあまり仕事に支障をきたす方が迷惑なのです。

うす毛で悩む人は世界中にいる

クリニックで治療を受け通院生活を続ければ、いつかはうす毛の症状から解放される日が来ます。治療期間は自身のメンタルに気を配り、ストレスを受けないようにすることも大切です。うす毛の原因はホルモン異常や生活習慣の乱れによるものですが、自分の体質や過去のライフスタイルを責めても症状は改善されません。そして自身を責めることはストレスに繋がり、頭皮に悪影響を及ぼします。自分のみならず、世界中の人々がうす毛に悩まされていることを知ってください。自分だけではない、そう思うことで心に余裕や安心感が生まれるはずです。

コンプレックスを個性に変える

うす毛治療を決心したら、今までのコンプレックスを手放し開き直ることも大切です。そして治療期間は、自身の「個性」を見つける旅に出かけましょう。世の中にはうす毛やスキンヘッドでも、人生を謳歌している人がたくさんいます。うす毛だからハイセンスな服は着れない、そう思ってはいけません。ファッション関連のメンズ雑誌を覗いたり、美容室のスタイリストからアドバイスを貰うことで、今しかできないコーディネートを楽しむこともできるのです。自分の魅せ方を知り内面を磨くことが、個性に繋がるということを心得てください。