医薬品の育毛剤の効果ってどんな感じ?やっぱり期待できる?

医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤、発毛剤、養毛剤、ルカルプエッセンス…薄毛や脱毛など、髪の毛の悩みを解消するための薬には様々な呼び名がありますが、一体どんな効果や違いがあってこのように分類されているのかご存知でしょうか?

簡単にいうと、発毛剤は毛母細胞に直接働きかけ、すでに髪の毛が生えてこなくなった毛穴から発毛させる効果があるもの、育毛剤は今生えている毛を太く丈夫に育て、抜け毛を減らし、頭皮の環境を整える効果があるもの、養毛剤・スカルプエッセンスはいわゆる化粧品で、髪の毛や頭皮を健やかに保つ効果があり、副作用の心配がほとんどないもののこと。

発毛剤・育毛剤のどちらも厚生労働省が有効性を認めた成分を配合していますが、安全性によって扱いが異なります。基本的に効果が高いものほど副作用のリスクも高くなりますから注意が必要です。

医薬品の育毛剤の効果

医薬部外品の育毛剤は、今現在生えている髪の毛や頭皮をケアして十分な栄養を与え、太くして抜け毛を減らすというものですが、医薬品の育毛剤は、抜け毛予防や現在生えている髪の毛を丈夫にすることに加えて、すでに髪の毛が生えてこなくなった毛母細胞に働きかけて再び発毛させるという効果の高いもの。

生え際から薄くなる薄毛にはフィナステリドが効果があり、頭頂部が薄くなる薄毛にはミノキシジルが効くと言われています。

効果が高いだけに副作用の心配も

医薬品の育毛剤(発毛剤)を使用する際は、医師の診察や薬剤師の指導など、医療従事者の関与が定められています。フィナステリド、ミノキシジルは高い発毛効果で知られていますが、実は本来は全く別の別の病気、症状に使用されるための薬。フィナステリド前立腺肥大や前立腺癌の治療薬、ミノキシジルは重度の高血圧患者のための降圧剤なのですが、発毛効果が認められたために発毛剤としても利用されることになったんですね。

そのため、頭皮の発疹や発赤、頭痛やめまい、胸の痛み、心拍が早くなる、手足のむくみ、急激な体重増加など、これが育毛剤の副作用なの?と意外に思うような強い副作用が起こる可能性があるんですよ。

医師や薬剤師に相談しながら利用しましょう!

厚生労働省は有効性や安全性から薬品を様々なレベルに分類しています。一口に医薬品といってもそのレベルは異なります。

医療用医薬品は医師の診察と処方箋が必要で、第一類医薬品は薬剤師の管理指導のもとでのみ販売は受け渡しが可能、第二類医薬品は薬剤師が常駐している薬局でのみ受け渡しが可能、第3類医薬品は薬剤師が常駐していない薬局でも購入できます。

基本的に効果の高さと副作用のリスクは比例しますので、効果の高い医薬品の育毛剤(発毛剤)を使用したい場合は、医療従事者に相談してリスクを理解する必要があります。

ご自分の症状や進行具合に合わせて、適切な育毛剤を選んで上手に利用しましょう!