自分に合った育毛剤はどれ?賢く選んで薄毛を改善しよう!

症状に見合った育毛剤を選ぼう

気が付かないうちに進行する抜け毛や薄毛。とりあえず育毛剤を試してみようと、ドラックストアで商品を物色する方も多いと思います。しかし頭皮につけたとたん刺激や不快感を感じたり、育毛の効果が見られないと嘆く方も少なくありません。薄毛を改善したいと考えるなら、各々の症状に基づいた育毛剤を選ぶことが必要不可欠。場合によってはクリニックを受診し、ドクターの判断の元セルフケアを行うことも大切なのです。そこで今回は、様々な薄毛の症状に適した育毛剤の選び方や、正しいセルフケアの方法についてご紹介したいと思います。

その症状、AGAかも?

薄毛になる原因は人それぞれ。生活習慣の乱れが脱毛に繋がったり、精神的な負担が頭皮に悪影響を及ぼす場合もあるようです。しかし、心身ともに健康的な生活を送っているにもかかわらず、薄毛がひどく目立ってしまうことがあります。その場合、AGA(男性型脱毛症)である可能性が大。AGAは、主に男性ホルモンの異常が原因だと言われています。円形脱毛症と同じく、AGAの根本的な改善を目指すなら、専門クリニックで診察を受けることが大切です。信頼できるドクターからの適切な治療はもちろん、育毛剤におけるアドバイスをしっかり受けてください。

育毛剤は低刺激性のものを選ぼう

ネットやドラックストアでは、各々の薄毛の症状に合わせた育毛剤を幅広く展開しています。しかし脱毛や薄毛の症状が軽度であっても、育毛剤なら何でもいいやと適当に選ぶことは厳禁。育毛剤とは言え、人によっては頭皮への刺激が強い商品もあります。なるべく自然由来の成分を使ったものや、低刺激性の育毛剤を選ぶようにしてください。また自身はAGAかもしれないけど、とりあえずセルフケアで様子を見たい方は、AGAに特化した育毛剤を選ぶようにしましょう。ネットで商品の詳細を確認し、口コミの評価が高いもの、多少値が張っても頭皮に優しいものを購入してください。

セルフケアの改善も忘れずに

育毛剤で頭皮に栄養を与えることも大切ですが、セルフケアへの改善に目を向けることも忘れてはいけません。特に洗髪の時に、シャンプーを直接頭皮につけていないか、頭皮を爪で傷つけていないかをチェックしてください。手にシャンプー液を取ったら髪全体に塗布し、充分に泡立ててから指の腹で頭皮を洗いましょう。また、先端が尖った固いブラシは頭皮を傷つける原因に。髪を整える際は、柔らかめで先端が丸いブラシを使用してください。セルフケアの改善はAGAに限らず、全ての薄毛の症状に関わることです。頭皮に優しいケアを心がけ、薄毛の進行をストップさせましょう。