育毛剤選びの際の決め手とは?

育毛剤あれこれ

脱毛が進んでくると気になるのが育毛剤ですね。種類が豊富で新しいものが次々出てくることから、いったいどの育毛剤を選べば良いのか分かりません。誇大広告製品もあることから、効く育毛剤と売れている育毛剤がぴったり合うとも限りません。育毛剤を選ぶ前に、自分の脱毛症の症状と原因をしっかりと把握する必要があります。一言で脱毛症といっても、いろんな症状と原因が存在します。安全性や使用感、品質と価格、内容量などに注意して購入商品を選ぶようにしましょう。育毛剤を使用するならば、ある程度長期継続して使用することで効果を実感出来るのでご自分が継続して使用出来る価格であることも大切です。

脱毛症の原因と育毛剤

脱毛症の原因には、男性ホルモンの影響や、血行不良、髪の毛が作られる毛母細胞の働きが弱る、毛根の栄養不足と様々です。男性ホルモンのひとつ、「テストステロン」が酵素の一種である「5αリダクターゼ」の効能によって、DHT(デヒドロテストステロン)を増やします。このDHTの増加が抜け毛を引き起こすのです。男性ホルモンを抑える育毛剤には、5αリダクターゼの過剰分泌を防ぐ役割があるため、育毛効果を期待できるのです。また、食事の偏りや運動不足による生活習慣の乱れ、ストレスからの血行不良には毛細血管を拡張する育毛剤で頭皮環境を整えます。その他、毛髪の栄養素を補う育毛剤や毛母細胞を直接活性化させる育毛剤などがあります。

育毛剤の効果とリスクとは?

育毛剤を使用することで、頭皮環境が整ったり、毛髪に栄養が行き渡る、血行不良が改善し脱毛症状に改善が見られるなどの効果を実感することが多い半面、育毛剤には多くのリスクが伴うことを知る必要があります。とくに、育毛剤に配合されている成分が自身の身体に合わない場合は、頭痛やめまい、頭皮の痒みや湿疹といったように脱毛とは別症状で悩まされることがあります。さらに、アレルギー成分が配合されている場合もあることから、使用には十分気を付ける必要があります。これらをそのまま使用することで頭皮環境をさらに悪化させ、脱毛症状をさらにひどくするといった最悪な事態を招いてしまいます。

育毛剤選びの決め手

重篤な副作用の症状については注意が必要です。有効成分、ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドなどが配合された育毛剤は、非常に発毛効果が高い半面副作用の症状が思いとされています。育毛剤の使用でかえって症状が悪化してしまうこともあります。頭皮の状態が悪化してしまうと、頭皮が痛み、抜け毛が加速します。育毛剤を選ぶ際には、十分に自分の脱毛の原因を追及して必要な成分を把握すること、またアレルギー反応に注意して選択するようにしましょう。頭皮、頭髪、体質などを探りながら専門医師の的確な指導を受けることをおすすめします。