プロペシアで発毛促進!正しい使用法でAGAを改善しよう

プロペシアは世界で認められたAGA治療薬

メディアで頻繁に取り上げられるAGA専門クリニック。AGA(男性型脱毛症)に悩まされる方にとっては、まさに最後の砦と呼んでも過言ではありません。カウンセリングを用いて各々に適した治療法を行いますが、受診した多くの方が「プロペシア」と呼ばれる治療薬を処方されます。世界60カ国以上で承認されたAGA治療薬であるプロペシアですが、継続して服用することで薄毛改善の効果が期待できます。とは言っても、効果の高い治療薬には副作用の不安がつきもの。プロペシアを使用する前に、人体に及ぼす影響や正しい使用法について把握することを推奨します。

脱毛予防や発毛に効果的

プロペシアは発毛や脱毛予防に効果的ですが、その治療段階について疑問に思う方も多いのではないでしょうか。髪の毛は、成長期から退行期、休止期までの毛周期を繰り返しています。AGAの場合、成長期が短く休止期に留まる毛包が多くなることから、生え際から頭頂部までの毛髪が著しく軟化している状態です。この症状は、主にDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが原因とされています。プロペシアにはDHTの生産を抑制するはたらきがあり、服用を継続することで毛周期が正常になります。成長期のスパンが長くなるので、抜け毛も少なくなり毛髪も長く成長できます。

プロペシアはどこで買える?

プロペシアは、クリニック及び海外の通販サイトで購入することができます。そして通販サイトの場合個人輸入になるので、クリニックよりも安価に購入できお薦めです。…と言いたい所ですが、最初の購入に関してはクリニックを選んだ方が無難。専門知識を持つドクターの下でカウンセリングを受けた方が、安心してプロペシアを服用できるからです。各々の診断に基づいた処方を行うので、用法や用量、副作用に関しての不安を全て払拭することができます。まずはクリニックを通してプロペシアの服用に慣れ、長期的な治療が必要になった際に通販サイトを利用すると良いでしょう。

一時的な抜け毛は副作用?

プロペシアは万人に受け入れられる治療薬ではありません。プロペシアの禁忌として、女性、特に妊娠している方や授乳中の方の使用が挙げられます。女性の薄毛改善に適さないことはもちろんですが、胎児の発育に影響を与える恐れがあるので服用は避けるべきです。また、早期の改善を望む過剰な服用もNG。ドクターの診断の下、規定量を必ず遵守し正しく服用してください。プロペシアを服用する初期段階で、一時的に抜け毛が増えることもありますが、これは副作用ではなく初期脱毛と呼ばれる好転反応です。効果が現れている証拠なので、そのまま継続して服用することをお薦めします。