AGAの症状と原因とは?

全国で悩んで入る人が1200万人以上いるともいわれている「AGA」。進行性のこの薄毛の症状は、いったいどのようなものなのでしょうか?AGAの知識を身につけ原因を知り、正しいケアをすることで改善をしていくこともできます。

 

AGAとは

 AGAとは、男性型脱毛症の略称です。男性ホルモンが大きく影響した脱毛症のことを指し、脱毛で悩むほとんどの男性はこのAGAを発症しているとも言われています。 自分の薄毛の症状がいったいどんなものなのか気になりますね。

AGAの場合、毛髪の抜け方には決まったパターンがあり、主に前頭部・頭頂部に脱毛症状が見られます。毛髪サイクルが乱れ、毛髪が長く伸びて強く成長する前に毛髪が抜けてしまうといったように、正常の毛髪サイクルよりも早いサイクルで髪の毛が抜けていきます。

 またAGAを発症した毛髪は次第にハリやコシがなくなり、産毛のような弱々しい毛髪に変化していきます。こうして薄毛の症状を引き起こしながら抜け毛が増えていきます。

ここでは、AGAの症状とともに、男性ホルモンによる毛髪サイクルの乱れ・遺伝・そして生活習慣といったように、複合的に絡み合ったAGAの原因を詳しく見ていきましょう。

原因1「乱れた毛髪サイクルとDHT

正常な毛髪サイクルとは、「成長期・退行期・休止期」を繰り返しながら、毛髪を強く丈夫に成長させていきます。毛髪がいちばん成長する成長期は、期間として2~6年ほどあると言われています。

AGAは、この成長期が通常よりも短くなってしまうことで、毛髪が十分に成長することなく抜け落ちる症状です。充分な成長期を送れずに退行期、休止期と移行し、毛髪が弱々しく薄くなります。

毛髪サイクルが乱れる大きな原因として、男性ホルモンの一種、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響が挙げられます。これは、男性ホルモンであるテストステロンが変異したもので、毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させる作用があります。

原因2「遺伝的要因」

AGAと遺伝的要因は、医学的にはっきりと解明されていませんが、AGAの発症には密接な関係があるのではと考えられています。「薄毛の家系だ」とか、「親が薄いから自分も薄い」などという人も多いですが、よく耳にするだけではなく実際の影響はどうなのでしょうか?

X染色体の中の「アンドロゲン」と呼ばれる男性ホルモンの受容体がありますが、この男性ホルモン受容体の感受性の高さによって薄毛の発症を招きます。受容体のAR遺伝子の塩基配列内の繰り返し配列(CAG、GGC)が短い人がAGAになりやすいとされています。

血液検査によるAGAの遺伝子診断では、この繰り返し配列の回数を調べルことにより、「AGAを発症しやすいかどうか」や「遺伝的要因があるか」を知ることができます。

原因3「乱れた生活習慣」

AGAの原因の一つには、偏った食事や不規則な生活習慣も大きく関係しています。さらに過労や睡眠不足などによっても、ホルモンバランスが崩れてAGAを引き起こしてしまいます。

どんなに有効なAGA治療をしていても、生活の基本的習慣が改善されなければ効果を得られません。「仕事柄つい食事や睡眠時間が不規則になってしまう」、「栄養バランスが崩れがち」などといった人はAGAを引き起こしやすいと言えるでしょう。

とくに、食生活は薄毛に大きく影響します。肉好きや油ものを好んで食べる人は注意が必要です。食事に無頓着な人ほど、どうしても脂質と糖質が多くなってしまうので、バランスの良い食事を心がけましょう。

肉料理ではなく、野菜や魚中心の食事がおすすめです。極力、脂質やたんぱく質は魚介類から、ビタミン・ミネラル・食物繊維を野菜や海藻類から摂取すると良いでしょう。極端な食事制限をするような、無理なダイエットも髪にとっては逆効果です。

毛髪の主成分であるケラチンを生成する「亜鉛」、髪の毛を育てやすい頭皮環境を作る「ビタミンB2/B6」、頭皮の血流をよくする「ビタミンE」を効率良く取り、偏食による栄養不足を避けましょう。

原因4「タバコやアルコールの過剰摂取」

健康的な髪の毛は、正常な育毛サイクルによって発毛します。それには、毛細血管から髪の毛に必要な栄養素が行きわたることが重要です。

しかし、タバコやアルコールなどの嗜好品を過剰に摂取することで、育毛サイクルが崩れます。 タバコに含まれているニコチンは毛細血管を収縮させ、毛母に栄養素が届きにくくさせてしまいます。

喫煙者と非喫煙者を比較した研究では、喫煙者の方が男性ホルモンが多いという結果が出ており、AGAに関係がある血中のジヒドロテストステロン(DHT)濃度も高くなるリスクもあります。

またアルコールは、血中でアセトアルデヒドという物質になりますが、肝臓ではある程度の分解しかできないため大量のアセトアルデヒドが血中に残ってしまう結果に。そしてそれが二日酔いや頭痛などの症状だけでなく、AGAにもつながるとされています。

お酒を飲みすぎは内臓を酷使することにもなり、薄毛を引き起こす原因ともなります。薄毛を改善するには、「正しい食生活の習慣化」と「嗜好品の過剰な摂取を避ける」といったこともキーとなってきます。

原因5「生活習慣からのストレス」

職業柄どうしても「生活習慣が乱れがち」「忙しい」「タバコやアルコールを控えることができない」という人も多いことでしょう。

しかし、そのような過労や間違った食生活からのストレスや睡眠不足は、AGAには良くないとされています。まずはストレスがかかっていることを自覚し、ストレスからの過食や暴飲暴食を未然に防ぐことが大切です。

 またストレスに打ち勝つためには、睡眠時間と睡眠の質が非常に大切になってきます。睡眠不足からの自立神経の乱れにより、血流が滞り、AGAをはじめ、重大な内臓疾患などにつながる可能性が非常に高まります。

AGAを改善したいならば、まずこれまでの生活習慣・睡眠習慣を見直してみることから始めましょう。 

まずは食生活から見直そう!

AGAの治療と予防のためにまず見直したいのは、身体をつくる基本を作る毎日の食事。AGAの改善・予防に欠かせない栄養素には、「タンパク質・ミネラル・ビタミン」があります。

とくに、髪の毛はタンパク質でできており、大切な要素となってきます。食べやすく毎日の食生活に取り入れたい、タンパク質間有料の多い食品には「生ハム」「鶏ささみ」「ローストビーフ」「牛もも肉」などがあります。

そしてタンパク質を効果的に吸収するために、ミネラルやビタミンが必要になります。ビタミンやミネラルは、体内で作ることができないので、食事から摂る必要があります。

ミネラルは、ひじきなどの海藻類、ビタミンは、緑黄色野菜などで摂取しましょう。これらを基本に、バランスの良い食事をすることで、AGAの改善・予防をします。

スポーツをしている人やダイエット中の人は、高タンパクで低脂肪の鶏ささみや豆腐ばかりを好んで摂取する人も多いですね。しかし、同じ食品ばかり摂取するのではなく、様々な栄養素が入ったバランスの取れた食事を心がけましょう。

習慣的に確実にバランスが取れた食事を摂ることが難しい人は、「プロテイン」「亜鉛」「ビタミンB群」のサプリメントなどを利用して栄養を補助するのも良いでしょう。

まとめ

AGAの改善、または予防していくためには、AGAの原因になり得る生活習慣を改善していかなければなりません。AGAは、男性ホルモンの変異・遺伝・乱れた生活習慣が複合的に絡み合って発症することがわかっています。

そのなかでも、自分の薄毛の症状がいったい何が主な原因なのかを知ることから、AGA対策が始まります。AGAの治療に踏み切る前に、事前のチェックや自身の生活の振り返りをしてみてください。