AGAの原因は?抜け毛の原因物質とその仕組み、治し方をご紹介!

AGAとは

AGAとは「男性型脱毛症」と呼ばれ、髪の毛がだんだんと薄くなり、抜けやすくなる症状のことです。一度に大量の髪の毛が抜けるわけではなく、ゆっくりと額の生え際や頭頂部から薄くなっていきます。従来、30代から50代の中年男性に多く見られる症状でしたが、最近では思春期以降の10〜20代でも悩む人が増えています。


AGAは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5α-リダクターゼ」という酵素の働きによって変化した「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質によって引き起こされます。DHTは毛を育てる細胞である「毛乳頭細胞」の中にあるレセプターという部位に結びつき、毛のもとになる「毛母細胞」という細胞を自然死(アポトーシス)させてしまうシグナルを出します。


毛母細胞に「アポトーシス」の指令が出ると、毛が十分に育たないまま死に、抜けおちてしまいます。こうして、抜け毛が多く、かつ生えてくる毛も細く柔らかいものになってしまうのです。

男性ホルモンが多いとAGAになるの?

AGAの原因である「DHT」は、テストステロンが変化したものです。そのため、男性ホルモンが多いとAGAになると思っている人は少なくありません。しかし、テストステロンそのものは筋肉や若々しさなど、男性らしさを保つホルモンであり、テストステロンがすべてDHTに変化してAGAを進行させるわけではありません。


また、AGAの原因はDHTの他にも、頭皮環境や生活習慣、ストレスなどもあると考えられています。ですから、テストステロンが多いことは必ずしもAGAの原因になるとは限らないのです。

AGAを治したい!どうしたらいいの?

AGAを治療するには、以下のような方法があります。


・生活習慣や頭皮環境を改善する

・ストレスや食生活を見直す

・育毛剤や育毛シャンプーを使う

・AGAの治療薬を使う

・専門のクリニックで治療を受ける


AGAは、頭皮環境や生活習慣を見直すことで改善できる場合もあります。反面、自分で対策していてもなかなか改善につながらないこともあります。そこで、自己流の対策で数ヶ月効果が現れない場合は、一度専門のクリニックに相談してAGA対策の指導をしてもらうのがおすすめです。

まとめ

AGAの原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質です。これは男性ホルモンであるテストステロンが変化したものですが、その他にも頭皮環境や生活習慣などもAGAの原因になることがあります。自分に合ったAGA対策をするためには、一度専門のクリニックで指導を受けるのがおすすめです。