no-image

AGAに発毛剤は効くの?

薄毛、AGA(男性型脱毛症)で悩む方なら、発毛剤ってどんな種類や効果があるのか気になりますよね。 でも使ったことがなければ発毛剤がどんなものなのか、育毛剤と違いはあるのか、など分からないことが色々あると思います。 そこで、こちらで発毛剤について詳しくお伝えしていきます。 

発毛剤と育毛剤の違い

各メーカーから様々な発毛剤や育毛剤が発売されていて、血行促進、細胞活性化、男性ホルモンの働きを抑制するなど製品に含まれる成分はそれぞれ効能が異なります。 発毛剤は文字通り、髪の毛を生やすためのもの。髪が薄くなった部位に塗ることで発毛を促します。厚生労働省が効果や安全性を認めたものを指し、病院や専門のクリニックで医師の処方が必要なものは「医薬品」、ドラッグストアや薬局で薬剤師から購入できる「第一類医薬品」があります。

現在、日本で発毛効果があると認められている医薬成分は「ミノキシジル」と「フィナステリド」です。 一方、育毛剤は多くが医薬部外品です。発毛剤と違い髪の毛を生やす効果はなく、既に生えている毛にアプローチして、抜けにくい丈夫な毛を育てることを目的とします。市販の育毛剤はドラッグストアなどで簡単に購入ができます。

発毛剤の種類

発毛剤は大きく分けて内服薬と外服薬の2種類あります。 内服薬は、主に男性ホルモンが影響して薄毛になっている人の治療に使われます。最も一般的な発毛剤の内服薬は「プロペシア」です。 外用薬は、ドラッグストアや専門店などで様々なメーカーの製品が販売されていて、手軽に発毛剤を使用することができます。

外用薬で一般的な発毛剤は「ミノキシジル」を配合したもので、ミノキシジルは血圧を降下する作用があり頭皮の血管拡張をし血流が増進することで発毛が促されます。 薄毛に悩む多くの人は、まず入手しやすい外用薬から使用を始める方が多いです。

発毛剤の副作用

AGAで悩んでいる場合、発毛剤の副作用についての記事を目にしたことがある方もいると思いますが、事実として発毛剤には副作用があります。 しかしこれは発毛剤に限らず、市販の薬や健康食品など身体に働くものには副作用が起こる場合があり、副作用は効能の強さに比例します。

副作用は誰にでも起こるわけではありませんが、まずは使用前に副作用のリスクがあることを知り、万が一の場合は正しく対処をしましょう。 副作用が起こりやすいケースは、使い方や飲み方を間違えていたり、アレルギーや持病があり成分と相性が合わない体質をもつ方や、寝不足など体調不良により成分の作用が過剰になってしまう場合があります。

【ミノキシジル含有の発毛剤】

ミノキシジルは、もともと高血圧症の治療薬として開発された薬で、服用した人の副作用に発毛の症状が出たことから発毛剤として使われるようになりました。 頭皮の血管を拡張して血流を増進させることで髪の毛の細胞分裂・成長を促します。

しかし、その血管拡張作用により起こる低血圧によって、かゆみ、頭痛やめまい、動機、息切れ、食欲不振などが起こるといわれます。 副作用のリスクが高いとはいえませんが、医薬品で効果が高いものである以上、完全にリスクを避けるのは難しいでしょう。 ミノキシジルの内服薬もありますが、心機能などにも影響を及ぼす恐れもあるため日本では外用薬のみ公式に使用が認められています。

 

【フィナステリド含有の発毛剤】

ミノキシジルと併用すると、より高い効果が期待できるといわれるフィナステリド。 AGAの直接的な原因であるDHT(悪玉男性ホルモン)を抑制し、薄毛の進行を止めることが期待できます。 フィナステリドの成分は薬のためクリニックで処方される内服薬に配合される成分で、ホルモン分泌に作用するため男性機能や肝機能の副作用が起こる恐れがあります。 クリニックで診察を受けて、処方してもらいましょう。

 

【デュタステリド含有の発毛剤】

デュタステリドは国内で認可された比較的新しい薄毛治療薬で、フィナステリド同様に男性ホルモンの抑制をしますがフィナステリドより強く体に作用します。 そのためクリニックでフィナステリドを処方しても効果がみられない場合にデュタステリドが使われるケースが多いです。 副作用はホルモン分泌が影響する男性機能障害が多く、勃起不全や性欲減退、精液量減少などが報告されています。 効果が高い薬のためフィナステリドよりも発現率が高いことも特徴です。医師の診察を受けて正しく服用しましょう。 

発毛剤が効かない人はいるの?

発毛剤は効果が出やすい人、出にくい人という特徴はありませんが、AGAは進行性の脱毛症なので、若い内に発毛剤を使ったAGA治療を始めたほうが効果が出やすいといわれています。 また、ミノキシジルが含有されている発毛剤は血管を拡張することで発毛促進するため、男性でも女性でも薄毛に悩む方なら効果を期待できる発毛成分です。

しかしミノキシジル発毛剤は頭皮に塗布する薬ですが、ひとにより強いかゆみが出たり、発疹が出る人もいます。こういった理由で発毛剤が塗れない方は、ミノキシジル内服薬という手段もあり、基本的な作用は外用の発毛剤と同じです。しかし、体内に直接取り込むため効果が強く出たり、副作用が出る可能性が高くなります。 内服薬の場合は医師の診察を受け必要と診断された場合に処方されるので、内服薬を摂りたい方は病院やAGAクリニックなどで医師に相談しましょう。

発毛剤だけでAGAの進行を止められる?

ミノキシジルによる発毛効果は国に認められていますが、AGAが原因の薄毛や抜け毛の場合には、発毛剤だけでは十分な効果が得られない場合があります。 AGAは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という悪玉男性ホルモンが、「アンドロゲンレセプター」という男性ホルモン受容体と結合することにより発症するといわれています。

髪の毛はヘアサイクルという一定の周期で生え変わりを繰り返し、髪の毛の健康状態を保ちますが、DHTとアンドロゲンレセプターが結合するとヘアサイクルの成長期が極端に短くなり、十分に成長できなかった髪の毛が増えて薄毛が進行してしまうんです。 ミノキシジルは発毛剤であり、髪の毛を生やすことができてもヘアサイクルを短くしているDHTの生成は止められません。

AGAを改善するには発毛を促すだけではなく、DHTの作用によるAGAの進行を抑制することが大切です。 そのため、発毛を促すミノキシジルを配合した発毛剤だけではなく、男性ホルモンにアプローチするプロペシアなどの発毛剤も併用することが望ましいです。 

治療の前に医師に相談した方がいい場合

AGA治療薬には副作用があるため、安全に治療を行うためにも以下のような人は医師に相談した上で発毛剤を使用しましょう。

○未成年の方

一部のAGA治療薬には未成年の安全性が確立されていないので服用できません。

○服用中の薬がある方

薬の組み合わせによっては副作用を起こす恐れがあるので、医師に相談しましょう。

○高血圧または低血圧の方

ミノキシジルの血管拡張作用があるので血圧に不安がある方は医師に相談しましょう。血管拡張して低血圧になると頭痛やめまい、動機や息切れなどの副作用が起こる場合があります。

○心臓または肝臓に障害がある方

ミノキシジル配合の発毛剤は血管拡張作用があるので血流の増加などにより心臓に負担がかかる恐れがあります。 また、フィナステリド配合の発毛剤は副作用により肝機能障害を引き起こす場合があります。

○献血をする予定がある方

AGA治療薬の成分が採血した血液に含まれている場合は、輸血された患者に悪影響が及ぶ可能性があります。 献血は一定期間薬をお休みした後は行うことができます。

○女性の方

一般的にAGA治療薬として使用されているものは成人男性を対象としたものです。女性の体内にフィナステリドが入ることで胎児に影響を与える可能性があるといわれています。 女性には女性用の薄毛治療薬もあるので、医師に相談して使用することが望ましいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。発毛剤についてご説明しました。 発毛剤にも種類が多数あり、素人判断では難しく感じることもあると思います。 手軽な市販の発毛剤もよいですが、髪の毛が生えるまでには時間がかかります。 早く効果を出したい方は病院にかかるのもオススメです。