男性が薄毛になりやすい場所と原因

男性の薄毛にはいろんな種類がある

薄毛に悩む多くの成人男性は、男性型脱毛症とされています。Androgentic Alopeciaの略で一般的にはAGAと呼ばれています。毛髪が抜けて薄くなる脱毛症とは異なり、AGAは太くて健康的な長い毛髪が短くて弱い毛髪に置き換わる状態をさします。薄毛の原因には、さまざまな原因が挙げられますが、薄毛が気になる男性は、早期改善、早期治療に取り掛かることをおすすめします。

男性ホルモンの変化によって薄毛が進行するケースがほとんどで、その他として過労などのストレスや日常生活の乱れ、食生活の乱れなどが原因です。意外なところでは、紫外線や過度の飲酒、運動不足、間違ったヘアケアなど薄毛の原因が一つではありません。

前頭部・後頭部が薄毛になる原因

男性の前頭部は薄毛の進行が最も分かりやすい箇所ですね。前頭部から薄くなっていくケースが非常に多く、AGAの症状で最も多いとされています。前頭部が薄毛になっていく原因は生活習慣の乱れから始まり生活習慣病、また過労によるストレスや老化現象のひとつとされています。

また、後頭部の薄毛が進行する場合はAGAのようなホルモンやヘアサイクルの乱れとは異なる原因とされています。後頭部の薄毛はAGAが原因ではありません。例えば、円形脱毛症や化学薬品による皮膚の炎症といったように、どちらかというと皮膚の異常などが考えられるためにAGAの病院ではなく皮膚科などを受診してみましょう。

M字型薄毛になる原因

AGA(男性型脱毛症)の代表的な脱毛パターンに、M字型薄毛も挙げられます。M字型薄毛は、前頭部のこめかみ生え際から徐々に薄毛が進行していきます。M字型薄毛の原因も、生活習慣の乱れ、生活習慣病、過労によるストレス、老化などです。このなかでも老化とは、身体的な疲労とともにストレスに耐えられない身体を指していますね。この老化を防止するためにも、食生活を整え、睡眠時間と運動をバランスよく整えていく必要があります。身体の疲れをまず取ることで、老化から身体を守りましょう。M字型薄毛は、鏡でもいち早く気付ける箇所なので、気になると感じた時点で薄毛対策をとってみましょう。

頭頂部が薄毛になる原因

頭頂部の薄毛は、AGAが最も多い原因とされています。一般的にO字型薄毛と呼ばれる頭頂部のつむじ辺りから徐々に毛髪が後退していく薄毛も、AGAの代表的な脱毛パターンです。

頭頂部薄毛もO字型薄毛のいずれも原因は、生活習慣の乱れ、生活習慣病、過労によるストレス、老化とされています。しかし、頭頂部の薄毛には原因が円形脱毛症だったり、皮膚の炎症だったりすることもありますので、あらゆる原因を疑ってみましょう。

まずは、規則正しい生活を送る努力を図り、生活習慣を整えながら、AGAの専門の病院を受診することをおすすめします。無料カウンセリングなどを受けることも可能なので、気軽に相談してみましょう。