あなたは大丈夫?AGAを促進させる食事の仕方

今更だけどAGAって何?

近頃、聞くようになったAGAとは男性型脱毛症のことで、成人男性によく見られる抜け毛がゆっくり進行した薄毛のことを指します。AGAは、毛包という器官が充分に成長せず、髪の毛が細く短いままで抜けやすいという特徴があり、もう抜け毛や薄毛が気になってきたという方でも、うぶ毛が残っていれば改善できるかも知れません。AGAの原因は、DHTという男性ホルモンによりヘアサイクルが乱れて引き起こされると言われていますが、遺伝やストレス、食事や運動などの生活習慣なども薄毛の原因になってしまうので早めに対処しましょう。

健全な育毛には、食生活の見直しが必要不可欠

薄毛を促進させる刺激物や添加物、脂質や糖質、塩分の多い食事など、育毛の妨げになる食事を避けるのはもちろん、食事の仕方にも避けるべきことがあります。育毛に影響のある成長ホルモンが活発になる22時から2時までの間に、体内に食べ物が残っていると血液が胃などに集まり消化を優先し、頭皮が血行不良になるため、寝る直前など遅い時間に食事をすると、育毛がスムーズに行われません。また、外食ばかりしていると食事バランスが乱れやすく、血流が悪くなったり毛穴が詰まり抜け毛や薄毛の原因になるため、なるべく自炊をしましょう。

薄毛が進行する!?食事の仕方と予防法

また、良く噛まずに食事する早食いや、一度に大量の食事を摂取するドカ食い、暴飲暴食も内臓に負担がかかるため、避けるようにしましょう。肥満にも繋がる以上の行為は、髪の毛など末端まで血液が行き渡らなくなる他、内蔵機能が弱まり育毛に必要な栄養素を上手く吸収できなくなってしまいます。肥満予防のためにも、汁物や小鉢、サラダといった食物繊維が豊富な料理などから食べ始め、次にメインとなるタンパク質が豊富な肉や魚、最後に米やパンなどの主食を食べるようにすると、血糖値が急上昇せず、脂肪が蓄積されにくい食べ方になります。

理想的な食生活とは?

肥満は薄毛の原因になるため、早めの改善をオススメしてきましたが、極端な食事制限などによるダイエットは、栄養不足を引き起こします。摂取する栄養素が低下すると、体は生命維持に直接関わる内臓などを中心とした臓器に使用する栄養を最優先するので、髪など生命維持に直結しない部分にまで栄養がまわってこなくなります。理想的なのは、なるべく早い決まった時間に、バランス良い食事を腹八分目位までよく噛みゆっくり摂取することです。最初は少し難しいかも知れませんが、予想以上の結果に繋がることもありますので、習慣化してみましょう。