薄毛治療は皮膚科でも受けられる?

近所の皮膚科でも薄毛治療は受けられる?

現在では薄毛治療や育毛、発毛には、専門医のいるAGAクリニックが一般的ですが、実は少し前までは薄毛の治療は皮膚科が担当していました。ですから薄毛の悩みを皮膚科に相談することは不可能ではありません。地方ではAGAクリニックがまだ少ないこともあり、通いやすい皮膚科があるならば、相談できると心強いですよね。この記事では皮膚科で受けられる薄毛治療は一般的にどういうものなのか、調べてみました。

皮膚科で受けられる薄毛治療はどんなものがあるの?

AGA専門クリニックが発毛や育毛増進を積極的に試みるのと違って、皮膚科での薄毛治療は、炎症やかゆみなどの頭皮のトラブルや抜け毛予防を中心に行われるのが一般的。

髪の毛が薄くなる現象には、頭皮の炎症やかぶれ、ニキビなどの頭皮トラブルが原因となることも少なくありません。皮膚の症状の改善もAGAの有効な対策な一つです。抜け毛予防の観点からプロペシアの処方をしてくれる病院もあります。症状や進行具合によっては通いやすい皮膚科に通うというのも選択肢の一つとして十分アリ、です。

AGA専門クリニックと皮膚科の薄毛治療の違いは?

皮膚科が頭皮トラブルの改善や現状維持に対する治療を中心とするなら、AGAクリニックは毛母細胞の再生を促します。毛母細胞が再生し、正常に機能することこそが薄毛の根本的な治療ですから、より深刻な悩みを抱えている場合はやはりAGA専門医での診療がおすすめです。

治療の目的に応じて、皮膚科かAGA専門クリニックかを選択しましょう。

皮膚科で薄毛治療を受けるメリット・デメリット

皮膚科で薄毛治療を受けるメリットは、やはり通いやすさでしょう。地方ではまだAGA専門クリニックは少ないと思いますが、皮膚科はそうではありません。

また症状によっては保険適用が受けられることも大きなメリットの一つ。

薄毛治療を受ける場合、1ヶ月から6ヶ月程度の頻度で通院することになりますが、費用は一回の診療につき9000円〜15000円前後が相場。AGAクリニックで本格な薄毛治療を受けると総額で100万円近くかかることもあります。

デメリットとしてはやはり頭皮トラブルの改善や現状を維持を中心とした治療方針でしょう。結果が出たとも出ないとも言えない、曖昧な治療に終わる可能性があります。

後悔のないよう、まずは皮膚科でもAGAクリニックでも相談や無料カウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか?