AGA治療薬「プロペシア」ってどんな薬?

AGAに悩む人は多い

最近髪の毛にこしがなくなってきた、毛が細くなった、抜け毛が多い、毛の量が減って地肌が目立つなどのお悩みを感じているあなた。それはAGA(男性型脱毛症)かもしれません。これは成人男性に多くみられ、頭頂部か額の生え際の髪が徐々に薄くなっていくものです。原因としては男性ホルモンや遺伝の影響、また生活習慣の乱れや頭皮環境の悪化などで、残念な事に自然に治まる事はなく放っておくとどんどん進行してしまいます。そこで今回はAGA治療薬として広く用いられている「プロペシア」について調べてみました。

プロペシアはAGA治療薬のパイオニア

まずプロペシアは、世界で初の飲むタイプのAGA治療薬です。日本では2005年に販売が許可され、今や世界60カ国以上で承認され多くのAGAに悩む人に服用されています。安全性や使いやすさ、そしてなによりその効果が人気の理由のようです。それまでの発毛剤は、頭皮の毛細血管の血行を促したり、栄養を与える事で発毛力を高めるというアプローチでしたが、プロペシアは違います。有効成分であるフィナステリドが、抜け毛の仕組みそのものに作用し薄毛改善を促します。これは他にはないメリットであり、プロペシアが画期的と言われる所以です。

取り扱いには注意が必要

プロペシアは残念ながらドラッグストアでは購入できません。必ず医師の診断と処方が必要になります。ただそれは同時に、診察や服薬指導を受け安心して使用できるというメリットともいえるでしょう。使用できるのは20歳以上の男性のみで、未成年や女性は服用できません。更に言うと、男児胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす危険があるため、特に妊娠中、授乳中の女性は注意が必要です。飲むのはもちろんですが、プロペシアの有効成分フィナステリドは皮膚から体内に吸収されることもあるので、触るものNG。取り扱いには十分に注意しましょう。

プロペシアとミノキシジル

リアップに含まれていることでお馴染みの発毛成分のミノキシジル。これも医薬品成分として発毛効果が認められています。AGA治療の専門クリニックではミノキシジルとプロペシアを併用した投薬治療が行われているケースも多いようです。抜け毛、脱毛の原因物質の生成を抑制させるフィナステリドに対し、頭皮の血行、毛母細胞を活性化し発毛を促すミノキジル。この二つを併用する事で、薄毛の進行を食い止め、発毛を促すというダブル効果が期待できるんです。AGAは放置禁物。まずは専門医に相談し、適切な治療をする事をお勧めします。