薄毛治療に保険は使える?安くしたいときは薬を個人輸入してもいいの?

薄毛治療に保険は使えるの?

AGA(男性型脱毛症)を始め、薄毛治療は男性・女性ともに年齢を重ねた人の大きな悩みの一つです。薄毛よりも毛がふさふさとしている方が若く見えることもあり、いつまでも若々しさを保つためにも、薄毛は治療したいものですよね。


しかし、残念ながら薄毛治療に健康保険は使えません。そのため、自費診療となってしまいます。これは、健康保険の適用となるのは「生命に関わる疾患に対する治療」のみである、とされていることによります。薄毛は生命に影響がある病気ではありませんから、美容医療とみなされていて、健康保険の適用とはならないのです。

薄毛治療でも保険が使える場合があるって本当?

薄毛治療でも、保険が使える場合があります。それは、皮膚疾患や自己免疫疾患などのれっきとした病気の治療として行う場合です。


  • 脂漏性脱毛症
  • ひこう性脱毛症
  • 円形脱毛症


これらはいずれも、頭皮の炎症や自己免疫疾患などによって引き起こされる抜け毛です。そのため、抜け毛治療としてではなく、皮膚や免疫など、それぞれの病気の治療として保険が適用されるのです。そのほかにも、抜け毛の治療としてではなく、あくまでも病気を治す効果の延長として抜け毛治療をする場合は健康保険の適用となります。

安く薄毛治療したい…薬の個人輸入ってOK?


薄毛治療は、効果が出るまでに時間がかかる治療です。そのため、薬剤を何ヶ月も続けて使う必要があります。ですから、できるだけ薬は安く手に入れたいものですね。しかし、安いからと言って薬をインターネットなどで個人輸入して使うのは非常に危険です。


日本の医薬品の安全基準は非常に厳しく、そのため効果が緩やかなものも多いですが、人体にできるだけ負担にならないよう、厳格な基準が設けられているのです。しかし、海外では日本ほど厳格な基準が設けられていないところも多く、日本では認可されないレベルのものも多くあります。


医薬品で効果が高いということは、すなわち副作用のリスクも大きいということです。日本で認可されているレベルでは問題がなくても、海外の医薬品のレベルでは思わぬ副作用が出ることもあります。また、副作用のリスクだけでなく、全くの偽薬を購入させられることもあります。これらの理由から、医薬品の個人輸入は絶対にやめましょう。

まとめ

薄毛治療は、基本的に美容医療と同じとみなされ、健康保険の適用とはなりません。しかし、皮膚の病気や免疫の病気などのメインの治療によって、間接的に抜け毛治療を行う場合は保険の適用となる場合もあります。また、安く済ませたいからといって、薬を個人輸入するのは副作用や偽薬のリスクが高いですから、絶対にやめましょう。