知っておきたいリアップの基礎知識

リアップとは?

リアップは1999年に医薬品として、日本で初めて医療用医薬品を経ず、OTC医薬品(医師の処方箋なしで店頭で買える医薬品)として発売された、発毛効果が認められている製品です。リアップシリーズは、壮年性脱毛症に効果を発揮する「ミノキシジル」を配分しており、発毛効果が期待できます。シリーズには、男性用・女性用発毛剤や、クレンジング、シャンプー、コンディショナー、マッサージ用トニックなどデイリーケア製品があり、自分に合ったプロダクトを選べます。

有効成分ミノキシジルの歴史

リアップシリーズの発毛剤の主成分である「ミノキシジル」は、頭皮に使用することで毛包に直接作用し、発毛・育毛効果がある成分です。もともと高血圧の経口薬として、アメリカのアップジョン社(現在のファイザー)が創製し、のちに髪の育成と脱毛症の回復効果があることが発見され、1980年代からはげや薄毛の治療用として使用されるようになりました。現在では世界90カ国以上で承認され、治療に使われている有効成分です。

ミノキシジルの発毛への作用

ミノキシジルはもともと高血圧症の患者の血圧を下げるための薬で、血管の拡張作用があります。髪の毛は毛細血管から成長に必要な栄養素を取っているので、血流が悪いと栄養不足となってしまい、髪の毛の成長が止まったり、細く弱い髪の毛になったりというトラブルが出てきます。発毛と育毛のために、毛乳頭を活性化し必要な栄養素を髪の毛一本一本にしっかりと行き渡らせることは、いま成長途中の髪にも、これから生えてくる髪にもとても大切なことです。

リアップを使用する際の注意点

リアップを使用するにあたってしっかりと知っておきたいのは、副作用です。リアップ利用者の10%以下ではありますが、副作用の報告があります。最も多い一般的な副作用は「頭皮のかゆみ」です。そのほかに「頭皮の炎症」「火照り」「湿疹」なども報告されています。稀ではありますが、「眠気」「倦怠感」「頭痛」「むくみ」「体重の増加」などを訴える人もいます。しかし100%ミノキシジル の副作用であるとはいえないので、それほど神経質になる必要はないようです。


また個人差はありますが、使用を開始してから6ヶ月ほど経過して効果を実感する人が多いようです。使用する際は最低でも半年ほど続けてみましょう。また1年以上使用しても効果が見られない場合は、医療機関にて医師に相談をしてみることをおすすめします。