肝機能の状態を確認してからプロペシアを使おう!

処方前のカウンセリングはしっかりと!

AGA治療をする際において、担当医との話し合いは重要です。せっかく髪の毛を大切にしようと治療に入るのに、途中でストレスができてしまっては台無しですね。しっかりしたクリニックであれば、投薬治療の前に医師の説明があります。もちろん患者のほうからもどんどん質問すべきなのです。そこであいまいな返答をしたり、患者からの問い合わせに対し、不機嫌な態度をする医師は避けるほうが賢明と言えましょう。投薬治療の前に、ネットで検索し、疑問点はメモなどを取ると良いですね。良心的な医師は、患者からの質問にも耳を傾けるものです。

心配なら肝機能についての血液検査も

プロペシアはごくまれに、肝機能に作用することがあります。肝臓に何らかの問題を抱えている人は使用を控えるよう注意がされています。また、心配であるなら、プロペシアの投薬治療の前に、血液検査をして肝機能が正常であるか調べると良いでしょう。もちろん治療中は禁酒をしたほうがより安全です。育毛のための治療だからと軽視せず、しっかり準備と注意をしましょう。髪の毛だって大切な自分の体なのです。決しておろそかにしてはいけません。もし血液検査で、肝機能値に異常や注意が出てしまったら、AGA治療は他の方法を選んでくださいね。

の他の注意事項について

プロペシアは、さまざまな注意事項が示されています。副作用はごくわずかではあるものの、ある一定の状態の人は使用を控えたほうが無難です。例えば不妊治療をしている場合。プロペシアは稀に性機能の低下を導いてしまうことがあります。ただでさえセンシティブになる不妊治療の最中に、不安要素を増やしてしまうのは、あまり良い考えではありません。また、メンタルがうつ状態になりやすい人も、控えたほうが良いでしょう。プロペシアによるホルモンへの作用で、やや気落ちしやすい傾向がある人もいます。この場合、投薬以外のAGA治療を選択しましょう。

プロペシアのメリットは高い

プロペシアのメリットとして、ある男性ホルモンの過剰な作用を抑えることがあります。効果として最も期待されるのが「ヘアサイクルを正常にさせること」「抜け毛を減らすこと」です。臨床試験結果において、1年間プロペシアを服用した患者の現状維持率が、9割を超えたという報告がなされています。もちろん、AGA治療の現場ではプロペシアの選択を推奨する医師がいるのです。効果が認められた医薬品として活躍するプロペシアですが、効果を実感するためにも、体調や環境を考慮し、検査やカウンセリングで納得した上で、上手に使いこなしましょう!