薄毛は恋愛市場に影響する?本気のAGA治療にはプロペシアを!

身だしなみの許容範囲は人それぞれ

愚問かもしれませんが、あなたがもしパートナーを選ぶなら外見と内面、どちらを重要視しますか?恋愛を楽しむなら外見、生涯寄り添うなら内面、と言った所でしょうか。人を愛する事に理由はないという言葉をよく聞きますが、皆が皆同じ考えではありません。見た目が良くないと好きになれない、そんな理想があっても良いと思うのです。とは言っても、理想が自身の外見と伴っていないのは考えもの。他者への外見を重視しているにもかかわらず、自身の身だしなみに気を配らないその様は違和感だらけです。そしてその許容範囲は、服装からヘアスタイルまで人それぞれと言えます。

もしもパートナーが薄毛嫌いだったら

恋愛を成就さたいなら、相手側にも好みがあるということを忘れてはいけません。大げさかもしれませんが、身だしなみにおいて薄毛がアウトと考える方もいます。またその逆も然りで、スキンヘッドにセクシーさを感じる方もいるでしょう。世の中は需要と供給で成り立っており、その構図は恋愛市場においても同様なのです。しかし、もしも好みの女性が薄毛嫌いだと知ってしまったら。諦めるか否かは本人の自由ですが、恋愛は惚れたもん負けと言う言葉があります。本気で好きになってしまったら、ほとんどの方が薄毛を改善しようと躍起になるのではないでしょうか。

育毛剤は薄毛の救世主?

薄毛改善のファーストステップとして、ドラッグストアやネットショップで育毛剤を購入する方も多いことでしょう。そして実際に試した上で効果がある場合もあれば、一向に薄毛が改善されないケースもあります。そして後者の原因は、育毛剤が自身に合っていないか、AGA(男性型脱毛症)であるかの2パターン。市販のものを隅から隅まで試せば、いつかは最適な育毛剤に辿りつけるかもしれません。しかしAGAである場合男性ホルモン、即ち体質に要因があることがほとんどです。専門のクリニックで治療を行いながら、経過を見ることが必要になります。

AGAの改善に用いられるプロペシア

クリニックにもよりますが、AGAの治療法は投薬を用いることが一般的です。そして治療薬として有名なのが、薄毛原因の男性ホルモン・ジヒドロテストステロンを抑制するプロペシア。服用を続けることで、AGAの進行に歯止めをかけることができます。しかし少なからず、副作用があるという現状も。アレルギーによる身体のかゆみや、精力減退などです。何れにせよプロペシアが体に合わないと感じた時点で、医師に申告することが大切です。ちなみに女性、特に妊娠中の方は、胎児の生殖機能に問題が生じる危険性があるので、服用は絶対に避けてください。