AGA治療はプロペシアと生活習慣の改善が重要!

AGA治療に効果的なプロペシア

男性ホルモンの異常が原因とされる男性型脱毛症。巷ではAGAとも呼ばれ、多くの方が薄毛や抜け毛の症状に悩まされています。AGA専門クリニックではカウンセリングを通し、様々な治療薬を用いてAGAの改善を目指します。そしてその治療薬の中でも特に有名なのが、プロペシアという内服薬です。個人差はありますが、プロペシアの服用を継続することで、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制することが可能。今回は、AGA治療におけるプロペシアの有用性についてご紹介します。薄毛・抜け毛を撃退する生活習慣もレクチャーするので、ぜひ最後までご覧くださいね。

日本への参入はここ最近

プロペシアは、アメリカのメルク社によって開発されたAGA治療薬です。フィナステリドを主成分としており、クリニックによってはフィナステリド錠と呼ばれることもあるようです。全世界のAGA患者を救ったプロペシアですが、日本に参入したのは2005年頃と言われています。購入方法はクリニックの処方、ネット通販がメジャーです。残念ながら保険は適用外となっており、一錠あたりの価格は300円程度が相場。効果が出るまでには3ヶ月、遅くとも半年の期間を要するとされ、人によっては治療期間に見合った高額な費用が必要になります。

プロペシアの効能はAGAのみ

AGAの発症は、男性ホルモンに含まれるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因と言われています。毛髪の成長を阻止する、とてもやっかいな物質です。しかし、プロペシアを服用することでDHTの増加を抑制し、薄毛や抜け毛に歯止めをかけることができます。また、プロペシアはAGA以外の薄毛改善には適していません。例えば円形脱毛症をAGAと勘違いして、プロペシアを飲んでも意味がないのです。ネットでのプロペシア購入にありがちですが、自己判断による服用で症状が悪化する場合もあります。安全面を考えれば、クリニックを受診してからプロペシア購入を検討すべきと言えます。

生活習慣の改善も必要

クリニックにおけるAGA治療はプロペシアの服用だけではなく、生活習慣の改善を求められる場合もあります。AGAに限らず、食生活や睡眠などの不摂生が薄毛に繋がりやすいからです。例えば、焼肉やステーキなど油分の多い食生活がメインになることで、頭皮に皮脂が増え抜け毛の原因になります。また慢性的な睡眠不足も、毛髪の成長に必要な栄養素が足りなくなる原因に。日頃から栄養バランスを考慮した食事や、良質な睡眠を取ることが大切です。そして長期的なAGAの治療にストレスは厳禁。自分なりの発散法を見つけ、精神的な負担を未然に防ぐよう心がけてください。