AGA治療を安全に行うために知っておくこと

AGAについて知っておこう

AGAとは、日本語にすると、男性型脱毛症と言われる症状です。AGAの原因は「遺伝」または「男性ホルモンの影響」などとされます。抜け毛が増え、髪が育ちにくくなり、じょじょに薄毛や頭皮が目立ち始める症状。一説には父親の遺伝が強いと言われています。割合としては日本人男性の30パーセントがAGAと推定され、決して珍しいものではありません。ただし見た目を気にする人や、ヘアスタイルのおしゃれにこだわりたい人には複雑な問題としてとらえられています。「AGAでは女性に好感を持たれないのでは?」と悩む人も少なくありません。軽視できないものでもあります。

AGAの治療は保険が効かない!

現在、AGAの治療に健康保険は適用されていません。美容整形と同じ分類なので、健康保険適用外なのです。自費で行うことが前提となっているため、ある程度の出費は覚悟しなければなりません。例外的に、病気などの理由で脱毛したという理由が、税務署に認められた場合のみ医療費控除を使うことができます。価格は飲み薬で行う治療が最も安価で、次に塗り薬、自毛植毛と相場が上がります。他に発毛治療や注射などの治療法も存在します。ただし効果は個人差があるため、高価なら良いというものではなく、試してみるのであれば、飲み薬から始めるのが一般的です。

意外と安く抑えられる費用

AGA治療によく使われる飲み薬として「プロぺシア」というものがあります。有効成分はフィナステリド。ひと月あたり(28錠として)7000円から10000円ぐらいです。専門のクリニックで処方されるので、治療のスタートとして最適と言えますね。さらに安く抑えるには、ジェネリックを利用することでしょう。本人の希望と医師の許可が下りればジェネリック品で3000円近くまで価格を抑えられます。ただしプロペシアのジェネリックを扱うクリニックは限られているので、事前に調べておきましょう。長期治療になることが多いAGA問題なので、なるべく費用の負担は避けたいものです。

治療のために考えたい安全性!

もっと価格を抑えたい、どうしてもクリニックに行く手間を省きたいのであれば、通販でジェネリックを購入するというテクニックがあります。これはかなり安価で購入可能です。ただし安全性は保障されません。医師にかかれば最適な治療法や適切な薬が分かりやすく説明されますが、通販は自己判断で行わなければなりません。合わない薬を服用するという可能性もあってしまうのです。最悪の場合、副作用が出ることもあります。せっかく大切な毛髪を守るのであれば、きちんとクリニックへ通いましょう。その姿勢が美しさへ繋がるのです。