AGAの治療薬!「プロペシア」って一体何?

プロペシアとは

プロペシアは厚生労働省にも承認されている、AGA治療のための経口薬(飲み薬)です。治療効果が高いのが特徴で、現在世界60ヶ国以上で販売されています。「薄毛を治すため、頭皮ケア・育毛剤・食生活の改善・ストレスケアなど様々なことにチャレンジしてきたけれど、ほとんど改善されない」「薄毛の男性が多い家系」といった遺伝的に薄毛になりやすい男性に効果があります。自己流のケアでは薄毛が改善されない方は、プロペシアで効果が出ることも!プロペシアは処方薬なので、一度医療機関で診てもらうことも検討してみてはいかがでしょうか。

早めの治療が重要!プロペシアの効果

AGAの男性の髪が抜けてしまっている部分には、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンが高濃度で見られます。このDHTが原因で髪の成長期が短くなり、薄毛が目立つようになってしまうのです。DHTの生成を阻止するプロペシアと呼ばれる薬は、遺伝的に薄毛になりやすい男性にも効果があります!しかしプロペシアの効果は「男性型脱毛症の進行“遅延”」。完全に抜けてしまった髪の毛には効果があらわれにくいので、薄毛に気が付いたらなるべく早めに治療を始めることが大切です。

プロペシアの正しい飲み方

プロペシアは毎日欠かさず飲みましょう。また、プロペシアの効果が出るまでは通常6ヶ月以上かかります。「なかなか効果が出ない…」そう思ってもあきらめずに根気よく飲み続けることが重要。プロペシアと育毛剤との併用も効果的です!また、プロペシアは必ず病院・クリニックで医師の診断のもと処方してもらいましょう。保険が適用されないため、医院によって価格差があります。事前に価格や診療内容をしっかり比較しておきたいですね。安価に手に入れるため個人で輸入する方もいますが、危険なので必ず医療機関を受診しましょう。

女性・20歳未満は使用禁止!プロペシアの管理はしっかりと

プロペシアは成人男性だけの治療薬です。女性や子どもが服用することはできません。特に注意してほしいのが妊娠中の女性。プロペシアの服用はもちろんのこと、砕けた錠剤に触れることも禁止です。女性が男の子を妊娠している場合、プロペシアに触れたり飲んだりすると、赤ちゃんの生殖器に異常を起こす恐れがあるのです。厚生労働省からも注意喚起が行われています。女性や子どもと同居している男性は、プロペシアを出しっぱなしにしたり手の届くところに置いたりしないように注意が必要です。正しい使用でAGAを治療していきましょう!