育毛の基本!育毛シャンプーの有効成分と選び方

育毛の基本は、正しいシャンプーから

育毛と言えば、育毛剤やヘアトニックを頭につけることを想像しがちです。しかし!育毛の基本はシャンプー。毛穴に皮脂や汚れが詰まったままだと、育毛剤が地肌に浸透せず、どんなに高価なものを使ってもほとんど効果が出ないことも。育毛剤を試す前に、まずは毎日のシャンプーを見直しましょう。そして育毛効果を期待するなら、やっぱり育毛専用のシャンプーを選びたいところ。育毛シャンプーは一般的なシャンプーとどこが違うのでしょうか?育毛シャンプーに含まれている有効成分や、より効果をアップさせる使い方について解説します!

育毛シャンプーに配合されている有効成分

育毛効果があるシャンプーには主に「プロクトンオラミン」「ミコナゾール硝酸塩」「グリチルリチン酸2K」という成分が配合されています。プロクトンオラミンは、殺菌・抗菌作用があり、皮脂やフケの分泌を抑えます。脱毛予防効果もあることで注目されている成分です。ミコナゾール硝酸塩は、頭皮に刺激を与えるマセラチア菌の増殖を抑える効果が。濃度が濃いと刺激が強すぎてしまうので、毎日使うなら濃度の低いものを。グリチルリチン酸2Kは、殺菌・抗炎症・アレルギーを抑えるといった効果があります。これらの成分は「皮脂を抑える」「頭皮環境を整える」が主となります。

頭皮の状態に合わせて、シャンプーを使い分けよう

ご紹介した育毛有効成分は、皮脂を抑えて毛穴の汚れを落とし、頭皮をきれいにするためのもの。頭皮や毛穴がキレイになれば、髪の毛も健康に育ちやすくなります。しかし、頭皮がもともと乾燥しやすい人や、特に脂っぽさを感じない人には刺激が強すぎることも。また、秋冬は誰でも乾燥しやすいもの。自分の頭皮の状態や季節に合わせて「さっぱりタイプ」「うるおいタイプ」など、シャンプーの種類を使い分けてみましょう。有効成分が配合されていながら、さらにうるおい効果が実感できるシャンプーも多数販売されていますよ。

育毛剤との併用も効果的!

頭皮がキレイになれば、育毛剤の有効成分も浸透しやすくなります!薄毛に悩んでいる方や、シャンプーだけでは心配…という方は、ぜひ合わせて育毛剤も使いましょう。育毛剤には、頭皮の血行を良くして発毛を促進したり、栄養を与えて髪の毛を健康に育てたりする効果が。また、育毛シャンプーは1500~3000円程度と一般的なシャンプーより高額ですが、すっかり髪が薄くなってしまい、将来ウィッグを購入すると数十万円~数百万円かかることも。なるべく早めに育毛の基本、シャンプーを見直すことが、長い目で見るとお値段もおトクです!