朝シャンはハゲるの?シャンプーと薄毛の関係

朝シャンプーの習慣化は危険!?

寝癖直しや眠気覚ましにもなり、朝からいい香りで過ごせると人気の朝シャンプーですが、健全な頭皮環境や育毛のことを考えるとオススメできません。就寝中は一年中汗をかき頭皮からも皮脂が分泌されているため、朝のシャンプーで頭皮の汚れをしっかり洗い流すことができます。しかし、頭皮の汚れを取りすぎると皮脂のバリア機能がなくなり、紫外線など外の刺激に無防備になってしまうので、日中のダメージをまともに受けてしまいます。毎朝シャンプーしている方は、そのダメージが頭皮に蓄積されやすく頭皮環境が悪くなってしまうのです。

間違った頭皮ケアは薄毛の原因に

汗をかいた後のシャンプーという点もオススメできない理由の一つです。汗をかいた後というのは、毛穴が開いた状態なのでシャンプーの薬剤などが毛穴に入り込みやすく、毛穴を詰まらせてしまいます。しっかりとすすぐなど正しい頭皮ケアができていれば問題ないのですが、特に時間がない朝のシャンプーは、すすぎをおろそかにしやすく、毛穴詰まりの原因になりやすいです。毛穴や髪に残ったシャンプーは炎症を起こしやすく、フケや痒み、抜け毛の原因になってしまいます。薄毛というのは、薄毛になる前の予防が一番の治療なので、普段から気を付けておきたいですね。

シャンプーは一日に一回もしない?たくさんする?

薄毛になってくると、抜け毛が心配で毎日シャンプーをしない方がいますが、おすすめできません。頭皮や髪に付いた汚れを放置して不衛生にすると、菌やダニなどが皮脂汚れをエサに大量に繁殖してしまい、悪臭や皮膚炎といった発毛や育毛に最悪な環境ができてしまいます。だからといって一日に何度もシャンプーを行うと、頭皮に刺激が強すぎたり、頭皮が乾燥してしまい皮脂腺から大量の皮脂が分泌されて、頭が脂っこくなってしまうのです。乾燥と皮脂まみれというこの繰り返しも、頭皮環境が悪くなり、せっかくの新しい髪が細く弱いものになります。

正しいシャンプーとその後のケア

シャンプーは1日1回夜だけにして、洗いすぎに注意しましょう。シャンプー後に自然乾燥で髪を乾かすと、頭皮に湿気がこもり皮脂と混ざって蒸れてしまうことで菌が繁殖してしまいます。頭皮環境を整えるには、面倒でも薄毛が気になりだしても、しっかりとドライヤーで乾かしてください。濡れた髪というのは、キューティクルが開いて傷付きやすいので、ダメージを受けやすくなります。髪が濡れている時間を極力減らしてケアしましょう。オススメは、バスタオルと別のタオルを使いながら、ドライヤーで8割位乾かした後、冷風でキューティクルを引き締める方法です。