自分にも使える?育毛・発毛効果の高い「ミノキシジル」とは

ミノキシジルとは

発毛・育毛効果があると言われている「ミノキシジル」。あまり聞きなれない言葉ですが、どのような成分なのでしょうか?ミノキシジルはもともと高血圧のお薬。ところが服用していると毛が濃くなることが発見され、現在薄毛治療のためにも使わるようになりました。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があるので、毛根に栄養が行き届き、発毛・育毛が促進されるというのが薄毛改善のメカニズム。内服薬と、頭皮に直接塗る外用薬があります。外用薬として有名なものは「リアップ」シリーズ。内服薬は医師の指導のもと服用しましょう。

ミノキシジルの効果が出やすい人

ミノキシジルの効果が出やすいのは、男女問わず「壮年性脱毛症」の方。「男性型脱毛症」「AGA」とも呼ばれています。遺伝性であることが多いので、親戚に薄毛の人が多い場合は要注意!髪が1日100本以上抜ける・毛が細く柔らかくなった・徐々に薄毛になってきた、という方は壮年性脱毛症かもしれません。女性でも40才以降に頭頂部が薄くなってきたと感じたら、壮年性脱毛症の可能性が。ミノキシジルは女性にも有効な成分です。また、ミノキシジルは早めに使い始めることで効果が出やすいので、薄毛に気が付いたらなるべく早く治療しましょう!

プロペシアとの違い

ミノキシジルの他に「プロペシア」という薄毛治療のお薬も。プロペシアは医療機関で処方される内服薬。AGAの男性に多くみられる強力な男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」を阻害することで薄毛を治療します。プロペシアを飲んでDHTを抑え、ミノキシジル配合の育毛剤で頭皮の血行を良くする、といった両方を組み合わせる方法も効果的!また、ミノキシジルとの大きな違いは「20才以上の男性のみ」使用できるという点。女性は服用することも、触ることも禁止です。プロペシアは女性や子どもが誤って触ってしまわないよう管理を徹底しましょう。

用法・容量を守って毎日続けることが大切!

ミノキシジルは飲む量、頭皮に塗る量を守ることが大切。決められた用量より多く使ったからといって効果が上がるわけではありません。過度の使用は痒みやかぶれ、血圧の低下、体毛増加などの副作用が出てしまう可能性も。またミノキシジルは効果が出るまである程度時間がかかるので、6ヶ月以上毎日続けて使用しましょう。しかし、1年使っても効果が出ない場合は医師の診察を受け、別の治療方法も検討する必要があります。「薄毛が良くなった!」と安心して使用をやめると徐々に元に戻ってしまうので、改善が見られても毎日続けて下さいね。