育毛剤の効果的な使い方

育毛剤の正しい使い方、知ってる?

CMでも宣伝され、ドラッグストアでも見かける育毛剤。本当に効果があるの?と一度は疑ったことがあるはず。すべての育毛剤に効果があれば、薄毛に悩む人はゼロになっているのに…育毛剤を使って本当に髪の毛が生えるのか…。実際に育毛剤を使ってみて、効果がなかったという体験もある方もいるかもしれません。ただ、そうした方の中の多くは「正しい育毛剤の使い方」をしてない場合がほとんどです。育毛剤の効果がしっかりと発揮される為にはどうすれば良いのか、その方法をご紹介していきます。

まずは正しいシャンプーから!

育毛剤の効果が正しく発揮されるには、頭皮が清潔であることが第一条件です。頭皮にヨゴレがあると、育毛剤が上手く頭皮に浸透しません。正しいシャンプーをする為のコツは3つあります。1つ目は、ブラッシングをすることです。シャンプー前にブラッシングすることで、頭皮や髪の毛についたヨゴレを事前に落としてくれます。髪の根元から優しくブラッシングしましょう。2つ目のコツは、シャンプー前にぬるま湯で素洗いすることです。頭皮を揉むようにして、毛穴を開かせます。3つ目のコツは、シャンプーは手で泡立ててから行うことです。そして指の腹で洗いしっかりとすすいでください。

ドライヤーでしっかり乾燥させよう!

正しくシャンプーしたら、まずはタオルドライ。その後、しっかりとドライヤーで髪を乾燥させましょう。この時、根元から風をあて乾燥させるのがポイント。また、温風で乾かした後に冷風に切り替えるのがポイントです。これにより、頭皮が乾燥しすぎずに済みます。頭皮が乾燥しすぎてしまうと、毛穴が閉じて育毛剤が浸透しにくくなってしまうので、最後は冷風をあててみてください。そうすれば、育毛剤は頭皮に浸透しやすい状態に仕上がります。シャンプーからタオルドライ、ドライヤーの温風から冷風の工程が育毛剤を塗る前に大切な工程です。

育毛剤を塗った後は、冷風で軽く乾かそう!

育毛剤が浸透しやすい頭皮環境が整ったら、早速育毛剤を塗りましょう!用法容量を守り、頭皮に塗ってください。その後、頭皮が軽く濡れた状態になります。ここで、指で2~5分ほどマッサージを行いましょう。育毛剤が頭皮に浸透するように、そして血行が良くなるよう意識して行ってください。そうしたら、再度ドライヤーの出番です。冷風で軽く乾かします。この時、頭皮ではなく髪の毛を乾かすように乾燥させてください。そうすれば、育毛剤の成分を保ちながら、余計な水分を飛ばすことができます。育毛剤を正しく使用して、最大限効果を発揮できる方法を実践してみてくださいね。