プロペシアの効果と成分とは?

AGA治療薬としてプロペシア

フィナステリドという主成分からなるプロペシアは、AGA治療薬として日本で初めて承認された医薬品です。育毛剤の主成分として抜け毛を防ぐ効果があるとされています。有効成分フィナステリドとは、脱毛症の原因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)の産出を抑えて抜け毛を防ぎます。ただし、服用は成人男性のみと限定されているのが特徴です。プロペシアは前立腺肥大症の治療薬に効果がある成分が含まれているため、女性の服用は注意が必要です。クリニックなどでは、プロペシア錠或いは、ジェネリック薬のフィナステリド錠という名称で扱われています。

プロペシアの育毛効果とは?

プロペシアは、AGAの原因になるジヒドロテストステロン(男性ホルモンの一種)の生成を防ぎます。DHTは、2型5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きによって作り出されます。その酵素の働きを抑えるのがプロペシアです。プロペシアは、これらの働きによって脱毛の進行を防ぎます。毛穴を防ぎ、悪さをする男子ホルモンに直接働きかけることからも発毛、育毛効果が高いとされています。薄毛や脱毛症の原因も人それぞれのため、原因をしっかりと専門医師に診てもらい、脱毛症の正しい知識とアドバイスのもとプロペシア育毛剤を使用することをおすすめします。そうすることで、より高い育毛効果を得られることでしょう。

プロペシア使用経過について

脱毛症状が目立つ頭皮の男性がプロペシアを服用することで明らかな発毛効果を実感することが出来ます。服用前には細い頭髪が、しっかりと太く生え始めることで頭髪の流れが出来、目に見えて髪の毛が増えているように分かります。脱毛症によって地肌が透けて見えた状態から、頭髪によって目立たなくなり薄毛部分範囲が小さくなってきます。個人差はあるものの、継続使用1週間ほどで抜け毛が減少するなどの変化や効果を実感出来るようです。抜け毛が落ち着いてくる、細い毛髪が太くしっかりしてくる、新しい毛髪が生えてくるなどの効果は、ある程度の使用継続によって得られます。

プロペシアによる副作用とは?

プロペシア自体が、元来前立腺肥大の治療薬として世に出たこともあり、成人男性専用のAGA治療薬とされています。これによって、副作用も男性の性欲減退、勃起不全(ED)などの性殖機能にも影響を与えてしまいます。そのほか、胃腸の不快感や肝機能障害などの不快症状が現れることがあります。これら、プロペシアの服用によって発毛、育毛以外の症状、異変を感じたらプロペシアによる副作用が疑われますので、早期に専門の医師に相談するようにしてください。副作用がきつくて使用継続が不可能では、脱毛症改善に至らないので専門医師にかかることは大切ですね。