食生活に喝を!AGA・抜け毛防止に最適な食品とは?

食生活から抜け毛を予防しよう

AGAによる抜け毛や薄毛は、クリニックで治療できることをご存知でしょうか?最近はテレビCMや広告などで、AGA専門クリニックの情報を目にすることが多くなりました。AGAの治療は、薬や注射などで抜け毛を予防し、育毛や発毛を促すことがメインです。また、AGAは主に男性ホルモンの過剰分泌が原因とされていますが、日頃の食生活の乱れがAGAに繋がってしまうこともあります。そこで今回は、AGAになりやすい食生活や改善方法をご紹介したいと思います。抜け毛を防ぐ食品を食生活に用いて、薄毛をスムーズに治療しましょう!

薄毛やAGAを招く食生活とは?

抜け毛は、食べ過ぎや暴飲暴食といった食生活の乱れから引き起こされる場合があります。特に、油っこいものや塩分の多い食事を好む方は要注意です。脂質が多い食品は、過剰な皮脂の分泌に繋がり抜け毛を増やしてしまいます。また、塩分を過剰に摂ると血圧が高くなり、体の血流を悪化させることに。血流の悪化は、頭皮への栄養がスムーズに届かなくなるので薄毛に繋がります。焼肉や脂分たっぷりのラーメンは脂質や塩分が高いので、仕事の付き合い以外ではなるべく控えることが大切です。美味しいものほど、薄毛や抜け毛を招いてしまうと捉えてください。

抜け毛予防に繋がる身近な食材は、コレ!

社会人は仕事の時間に縛られてしまうもの。食生活を改善したいけど、仕事が忙しいと自炊もままならなくなりますよね。しかし、あきらめてはいけません。実は、コンビニにある身近な食品が、薄毛予防に効果を発揮してくれるのです!その夢のような食品とは、ズバリヨーグルト。ヨーグルトはお腹の調子を整えると共に、髪の毛の老化予防に繋がると言われています。そしてヨーグルトに含まれる「乳酸菌61」という成分には、抜け毛予防にも効果大。すぐに抜け毛予防効果が現われるわけではありませんが、毎日継続して摂ることで徐々に抜け毛の量も減少します。

カフェインも効果アリ

コーヒーに含まれるカフェインも、薄毛対策に効果的であることがわかっています。前述の通り、AGAは男性ホルモン、即ちジヒドロテストステロンの過剰分泌が原因です。カフェインには利尿作用があり、抜け毛に繋がるジヒドロテストステロンを体外に排出させるはたらきがあります。さらにカフェインには血管拡張作用もあるので、血行促進にも効果的。血流が良くなることで抜け毛を抑制できます。よく、コーヒーは喫煙とセットと考える方がいますが、喫煙は髪や頭皮に悪影響を与えると言われています。本気で薄毛治療を目指す方は、禁煙を始めることも視野に入れてください。