若いから大丈夫はもう古い?20代から始めよう!うす毛対策

若くても忍び寄るうす毛

「うす毛」と聞いて思わず自分の頭皮を鏡でチェックしてドキッとしてしまう人、決して少なくないでしょう。今やうす毛は中年のおじさんだけの悩みではありません。現に20代の学生やフレッシュな社会人である若いうちから、抜け毛が気になったり、うす毛の兆候に悩まされたりするケースは多いんです。シャンプーの時や髪を拭く時などに抜け毛が多いのはうす毛のサイン。またその抜けた毛が細い場合は毛根が弱っている可能性もあります。サインを見逃さず早めの対策を心がける事が大切です。早速うす毛の原因からみてみましょう。

20代のうす毛の原因

20代のうす毛の原因で最も多いと考えられるのが、AGA(男性型脱毛症)です。これは男性ホルモンが抜け毛を促すジヒドロテストロンという物質を多く分泌する事に起因しています。この多くは遺伝が原因とされています。また20代特有の原因として考えられるのが、過度なパーマやカラー、そして整髪料などで頭皮への負担がかかっているという事。カラーやパーマで使用する薬剤で頭皮を傷つけたり、荒い残しで毛穴がつまり脱毛やうす毛へと繋がる事も大いに考えられます。他にも睡眠不足や栄養不良など若者特有の生活習慣もうす毛の原因になります。

すぐできるうす毛対策

まず直ぐにできるうす毛対策は、できる限り髪や頭皮への負担を少なくすることです。毎日に髪の毛を洗う際は、刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーを使い、洗剤が残らないようにしっかりと洗い流す事が大切です。また十分に睡眠を摂ることも重要なポイントです。22時~2時は「ゴールデンタイム」と呼ばれ、髪の毛の修復や成長が促される成長ホルモンの分泌が最も活発になる時間。この時間内に睡眠をとる事を意識しましょう。また育毛、発毛に必須な栄養素である亜鉛はAGAの原因である酵素の抑制効果もあるとされています。サプリメントで補うのもお勧めです。

頭皮の改善にはスカルプエッセンス

頭髪の土台である頭皮環境を改善する頭皮用化粧品であるスカルプエッセンスを使用するのも有効なうす毛の対策です。頭皮の過剰な皮脂や、乾燥によるふけやかゆみなどのトラブルは健康な発毛の妨げになります。スカルプエッセンスでまずは頭皮の環境を整えるのも大切です。もっとダイレクトに発毛、育毛を促したいのであれば、その効果が認められている育毛剤の使ってみるもの良いでしょう。決して安くはないですが、保証期間があり返金保証制度のあるものもあるのでチェックしてみましょう。若いから大丈夫と油断せず、うす毛を感じたら早期の対策が重要です。