育毛シャンプーは本当にAGAに効くの?効果的な育毛シャンプーの使い方とは

育毛シャンプーはAGAに効果がある?

結論から言うと、AGAの治療に効果がある育毛シャンプーはありません。なぜなら、AGAを治療するためには、AGAの原因物質そのものを減らす必要があるからです。AGAの原因物質は男性ホルモンであるテストステロンが変化した「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質であり、テストステロンをDHTに変化させる「5α-リアクターゼ」という酵素の働きを阻害することで、DHTを減らせます。


例えば、有名な「プロペシア」などは、実際にこの仕組みでAGAを改善するのです。ところが、シャンプーはどんなに良い成分が入っていても、用法上どうしてもすぐに洗い流されてしまい、体内に長くとどまることはできません。ですから、AGAの根本的な治療には効かないのです。

育毛シャンプーの効果とは

では、育毛シャンプーを使うのは全く意味がないのかというと、そうではありません。「AGAの根本的な治療に効果がない」というだけで、AGAの治療を補助することはできます。それは、「頭皮環境を改善する」という効果です。


AGAなどに代表される抜け毛や薄毛の原因の一つに、頭皮環境が悪いということが挙げられます。加齢によって頭皮が老化したり、血行不良が起こったり、皮脂が過剰分泌されたりすることで、ますます頭髪が育ちにくい・生えにくい環境になってしまうのです。


そこで、育毛シャンプーを使い、頭皮環境を正常化しましょう。具体的には、必要なぶんの皮脂やうるおいは残したまま、余分な皮脂や汚れを洗い流します。育毛シャンプーによって頭皮環境がよくなると、育毛剤などを塗布したときの浸透力を高めることもできます。

効果的な育毛シャンプーの使い方

育毛シャンプーは、あくまでも「育毛剤・発毛剤の補助」であることを忘れずに正しく使えば、育毛・発毛効果を高めることができます。そこで、具体的には以下のようなことに気をつけてシャンプーを使いましょう。


  • シャンプーは1日1回
  • シャンプー前にブラッシングで汚れを落としておく
  • 指の腹でマッサージするように優しく洗い、すすぎを十分に行う
  • 石油系の合成界面活性剤を含んでいるものを避ける


シャンプーは1日に何回も行うと、それだけ皮脂を洗い流してくれますが、そのぶん必要な皮脂まで洗い流しすぎてしまうリスクが高くなります。そのため、基本は1日に1回、汗や汚れが気になる夏には1日2回、程度にとどめておくのが良いでしょう。また、石油系の合成界面活性剤は洗浄力が強く、同様に皮脂を洗い流しすぎてしまうだけでなく、毛根や頭皮を痛めてしまうおそれがありますので注意しましょう。

まとめ

育毛シャンプーは、AGAの治療そのものに効果があったり、発毛を促進したりしてくれるものではありません。そのため、効果がないと言われてしまうこともあります。しかし、育毛シャンプーには頭皮環境を整えるという大切な効果があります。育毛シャンプーの効果をしっかり理解し、正しく使って髪の毛を育てましょう!