30代で気になり始めた薄毛!原因と対処法

薄毛は30代でもなる?

薄毛は、50代以降の年代の人がなる症状と思っていませんか?実は、30代の人でも薄毛になります。30代と言えば、まだまだ男性も女性も仕事に恋に楽しい時。しかし、30代で薄毛になってしまうと楽しい毎日ではなくストレスを抱えた辛い生活に!そして、薄毛になることで自分に自信がなくなり、性格にも影響を及ぼしてしまうことがあります。

30代の薄毛の原因

30代でなる薄毛は、3つの原因があります。これは、男性女性どちらにも言えます。30代で薄毛になる原因は次の通りです。


頭皮への負担

30代の男性や女性は、まだまだお洒落を楽しみたい時。美容院で頻繁にヘアカラーやパーマをしている人もいますよね。髪型を整えているつもりの行動が、実は頭皮や髪にダメージと負担を与えています。頭皮や髪への負担は、蓄積されていくことで薄毛の原因になりますよ。


男性ホルモンの増加

男性ホルモンは、男性の体内だけで分泌されているものではありません。実は、女性の体内においても分泌されています。この男性ホルモンは、ジヒドロテストロンという薄毛を引き起こす物質を分泌。分泌量が増えることで、30代でも薄毛につながってしまいますよ。


生活習慣や食生活

30代は、仕事などの日々の忙しさから睡眠不足や栄養不足、運動不足になりがちです。生活習慣や食生活が乱れてしまうと引き起こしてしまうのが血行不良。血行不良は、頭皮や髪へ大きく影響します。血行不良が続いてしまうと、30代でも薄毛になってしまいますよ。

30代の薄毛における対処法

30代で薄毛になってしまった場合は、悩んでいる暇はありません。すぐに対処することで、薄毛の進行を止め改善できる可能性が高くなります。30代の薄毛における対処法は、次の通りです。


病院や専門クリニック

30代で薄毛の症状が出てきた場合は、病院や専門クリニックで受診すると良いでしょう。病院は、皮膚科や内科がおすすめ。専門クリニックでは、薄毛の症状を専門に扱う医師が症状に合った薬を処方してくれますよ。ただし、病院では毛髪治療は行っていないので注意が必要です。


生活スタイルを見直す

薄毛の症状があまり進行していない状態であれば、まずは毎日の生活スタイルを見直してみると良いでしょう。睡眠不足や運動不足、食生活の乱れなどは血行不良を招きます。毎日の生活スタイルを見直し、血行不良を改善しましょう。そうすることで、薄毛の症状を改善することができますよ。

30代で薄毛を感じたら早めの対応が大切

30代は、忙しい毎日を送っている人が多いですよね。忙しさから、頭皮や髪の毛の状態に気付かないことも!薄毛は、楽しい生活を一変させます。時に、その人の人生を変えてしまうことがあります。薄毛は、早めの対応が大切!少しでも髪の毛や頭皮に異常を感じたら、日々の生活を見直してみると良いでしょう。そして、症状がひどい場合は病院や専門クリニックへ行くと良いですよ。