まだ間に合う!40代が薄毛対策としてすべき改善方法とは

40代は男女関係なく薄毛の悩みを抱えている

男性なら40代に差し掛かると薄毛の悩みを抱えている方がグンと多くなってきます。薄毛の悩みって男性特有のものと考えがちですが、実はそうでもないのです。佳秀工業株式会社という化粧品製造会社による2018年の調査によると、40~50代の女性のうち、2割強の方が薄毛の悩みを抱えているようです。このように、40代になると男女関係なく薄毛の悩みを抱えてしまうようです。ウイッグや植毛といった「隠す」方法はありますが、その前に、自分でできることは自分で「改善」を試みてみませんか?案外簡単な方法で薄毛は改善できるかもしれませんよ?

生活習慣の改善を試みよう

生活習慣、特に食事には気を使っていただきたいです。3食バランスよく栄養を摂ることが大切です。昼にラーメン+チャーハンは食べるなとは言いませんが、回数は減らすべきですね。また、髪の毛を構成している成分である「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」は意識して摂るといいです。野菜や魚介類、大豆製品を意識して摂取するようにしましょう。今は薄毛対策のサプリメントも多数発売されていますので、普段の食事での摂取が難しいのであれば補う方法もあります。栄養は普段の食事でカバーするのがベストですが、必要に応じてサプリメントの摂取も検討してみましょう。

ストレス発散方法を確保しよう

ストレスをためないようにすることも薄毛対策にとって大切なことです。ストレスは体全体に良くない変調をきたしてきますが、頭髪についても同様です。自律神経に問題を起こし、それが髪の毛の発育に欠かせない毛母神経に栄養が行きづらくするのだそうです。40代が普通の社会生活を送っていればノンストレスということはありえないので、何らかの発散方法を確保するべきです。趣味でも運動でも何でもいいと思いますが、普段のストレスを発散し得る何か打ち込めるものが欲しいですね。

健康な髪を少しでも長く保つために

正直な話をすると、これら改善方法を試みたところで改善しない人もいるでしょう。薄毛には本人にはどうしようもない原因でなってしまうこともありますからね。しかし、改善できる人も確実にいるはずです。ストレスや生活習慣の乱れは、ゆっくり、しかし確実に人間の体を蝕んできます。それは、糖尿病や心筋梗塞が中年以上で発症する病気であることからもわかりますよね。頭髪も同じなのです。少しでも長く健康な髪の毛でいたいのなら、どうか普段の生活から見直してみてください。今からでも遅くありません!まだ40代、できることはたくさんあるはずです。