円形脱毛症のタイプは4つ!ストレスや体質が原因?

突然現われる円形脱毛症

ある日突然頭部に現われる円形脱毛症。その症状のタイプは幅広く、主に円形に1、2ヵ所できる単発型や、脱毛の数が多い(3ヵ所以上)多発型に分類されます。また、稀に頭部全体が脱毛してしまう全頭方や、頭部に加え全身の毛が抜ける汎発型を発症するケースもあるようです。円形脱毛症になる原因は、体質やストレスなどが深く関係していると言われています。単発型などの軽い症状なら様子を見ることで完治する場合もありますが、治癒に時間を要する場合、病院で診察を受けることを視野に入れるべきです。これから、円形脱毛症になる原因の詳細や、治療法についてご紹介します。

アレルギー体質の方は要注意

円形脱毛症のタイプの多くは単発型とされ、数ヶ月様子を見ることで治癒するケースが多いと言われています。しかし人によっては、治癒半年後に再度脱毛に悩まされることがあり、完治に時間がかかるケースもあるようです。このような症例は、円形脱毛症になりやすい体質に精神的負担、即ちストレスが合わさることが主な原因とされています。花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質や、自己免疫疾患などの持病から円形脱毛症になることが多く、上記以外では遺伝やインフルエンザウイルスなども原因とされているようです。

自然治癒が見込めない場合は病院へ

なかなか円形脱毛症が完治しない場合は、医療機関で診察を受けることが最も得策と言えます。日本皮膚学会に基づく診療ガイドラインでは、全体の頭皮に対し脱毛の範囲が25%以下であれば軽症、それ以上は重症と分け、進行具合に見合った適切な治療を行います。免疫細胞のはたらきを抑えるステロイド薬や、抗アレルギー薬を用いて改善を促すことが主な治療法です。また症状によっては、頭部に直接ステロイド薬を注射する治療法もあります。通院した場合月1回程度の注射になりますが、薬を直接毛穴に注入するので、患部への高い改善効果が見込めるようです。

AGAである可能性も?

自身は円形脱毛症だと思っていても、病院では男性型脱毛症と診断される場合があります。男性型脱毛症は別名AGAとも呼ばれ、その原因の多くは男性ホルモンによるものと言われています。早期に改善したいなら、AGA専門のクリニックで適切な治療を受けることが大切です。そして、併せてセルフケアの徹底もお忘れなく。洗髪時は爪を立てずに優しく洗い、タオルドライをする際もゴシゴシと頭皮をこすらないようにしましょう。また、首や肩が凝りやすい方は血流が滞りやすいとされ、頭皮にも悪影響です。首に蒸しタオルを巻くなどの温活習慣を心がけ、血の巡りを良くしてください。