薄毛って遺伝するというけれど・・・。そんな噂を検証。

父親が薄毛。自分はどうなる?

今はまだ薄毛に悩んではいないものの、もしかしたら自分もいつか薄毛の症状に悩まされる日がくるのではないかと一抹の不安がなんとなくアタマの片隅にあるという方もいるのではないでしょうか。そういえば、若い時に自分の父親はハゲていたかも・・・。自分の親族に薄毛の症状がある方は得に危機感を持っているという場合が多いようです。よくハゲは遺伝する、という話を耳にするかと思いますがその話は本当なのでしょうか。遺伝に関するその噂が本当なのかどうか、それともただのウソなのか・・・。詳しく探っていきましょう。

ハゲが遺伝するといわれる理由

一般的にハゲは見た目で分かりやすいものですので、ハゲが遺伝してしまうといわれるのは仕方がないようにも思えます。実際、父親、祖父、曾祖父すべてハゲているなどの場合自分もハゲてくるという場合が多いようです。真実に迫ると「ハゲは遺伝する。」という結論は間違っていません。この遺伝についてはハゲる遺伝子があるというワケではないのが不思議なところです。直接ハゲるという遺伝子が存在するわけではなく、ハゲに繋がる要素が体に出やすいか、というところがポイントでもあります。そう考えると、ハゲは防げるようにも思えてくるのではないでしょうか。

遺伝的なハゲを防ぐには

現在では、薄毛に対する有効な治療が多く存在します。遺伝的に防ぎようがないように思える薄毛にも対処することができますので、少しでも気になる症状が現れた場合はすぐにクリニックへ行くことが重要になってきます。薄毛があまりにも進行してしまっている場合は思ったような効果が得にくいという場合もありますので、悲しい思いをしないで済むようにきちんとした治療を受けるべきです。実際の治療では「ハゲに繋がる要素=ホルモン」を調整し、薄毛の進行をストップさせることが可能になっています。薄毛への対策として、ホルモンを整えることが重要なカギとなるわけです。

具体的にはどんな治療になるのか

ホルモンを整える場合は、飲み薬での治療が主となりますので得に辛い治療になるわけではありません。また、頭皮の状態も薄毛対策にとっては大変重要なことになりますので、頭皮の状態が良くない場合は頭皮環境の改善に向けての治療も同時進行していくことがあります。頭皮の状態が正常であることが第一条件ですので、まずは自分でも頭皮ケアをあらかじめ行っておくのがベストといえるでしょう。何はともあれ薄毛が気になったらすぐにクリニックへ。カウンセリングで自分の見えなかった問題点も見えてくるかも知れません。