育毛は精神面のケアも大切!薄毛で悩まない3つの鉄則とは

薄毛で悩み過ぎていませんか?

AGA(男性型脱毛症)の改善は、クリニックに通うことが大前提。各々に適した治療薬の処方や、生活習慣のアドバイスを受けることがとても大切です。また、改善までの時間が早く感じるか否かは人それぞれ。そして治療中は、自身の髪の薄さが原因で損をしているのでは、と感じる方が意外と多いものです。ご存知かもしれませんが、焦りによるストレスは育毛に悪影響と言えます。なるべく精神的な安定を保てるよう、メンタルケアにも目を向けたいところです。そこで今回は、薄毛で悩まない3つの鉄則について詳しくご紹介したいと思います。

ハゲ=諸悪の根源ではない

今まで薄毛に悩んできた方の中には、毛髪がないことで意中の方にふられたり、他者からないがしろにされるなど、辛い経験を持つ方も多いと思います。子供は特に正直で、「おじちゃん、ハゲてる」など、ストレートな言葉を投げかける場合もあります。おじちゃんじゃないよ、実は20代だよ・・・そう明るく反論できれば良いのですが、薄毛にまつわる経験がトラウマになっている方は、思わずムッとしてしまうものです。ハゲが諸悪の根源という図式が脳内にある方は、思い切ってその思考を捨ててください。何か悪いことが起きても、薄毛から意識をそらす勇気を持つことが大切です。

薄毛を気にする=自意識過剰?

薄毛から意識をそらす。結論から述べてしまいましたが、そこにはきちんとした理由があります。私たち人間の性格や思考はひとつではなく、あらゆる出来事の理由もひとつではありません。前述でも述べましたが、他者からないがしろにされた理由は、実は仲良くしたいがためのアピールだったのかもしれません。そして意中の方からふられた本当の理由も、性格上の問題が原因だったのかもしれないのです。ハゲだから全てうまくいかないのではなく、そう自分が思い込んでいるだけ。要は自意識過剰ということです。人間の性格や思考は、多種多様であるということを理解しましょう。

夢中になれることを見つけよう

薄毛に限った話ではありませんが、休暇の日にただゴロゴロするだけだったり、暇な時間を多く持つ方は、物事をネガティブに考える傾向があります。日々忙しいビジネスマンにとっては、暇な時間が贅沢に写る場合もあるでしょう。しかし、想像してみてください。毎日仕事もせず、何もせず、ただ暇な時間を過ごすだけ。うまくイメージできないかもしれませんが、自由に縛られる人生は案外辛いものです。人は社会貢献をしたり、趣味に打ち込むことで自信や生きがいを感じます。要は日々の生活に夢中になれることを見つければ、薄毛のストレスから抜け出せることが可能なのです。