失敗談から学ぶ!薄毛対策

良かれと思ってやっていた薄毛対策が逆効果に!?

最近、薄毛が気になってきた…。鏡を見るたびにどうしても気になる頭部。隠したくて、帽子を被ったり、もしかしてシャンプーが合っていないのかなと色々試してみたり…という方も多いのでは?知人に相談するのもなかなかできない話題ですし、医師にかかるにも抵抗がありますよね。そうした中で、間違った薄毛対策をして失敗してしまった方がいるのも事実。そうした失敗談を無駄にしない為にも、ここで正しい薄毛対策を学びましょう!

ブラッシング・シャンプーはしっかりと

薄毛が気になると、抜け毛があるたびに落ち込んでしまいますよね。次第と、ブラッシングやシャンプーを避けるように…。これが更なる薄毛を生んでしまいます。ブラッシングは、頭皮の血流を良くして抜け毛対策に効果を発揮してくれます。また、シャンプーは頭皮の余計な皮脂やヨゴレを落とし、頭皮環境を整える為にも大切です。指のはらで優しく洗い、しっかりとすすいで、頭皮を清潔に保ち新しい毛が生えてきやすい環境をつくってあげましょう。薄毛が気になるからこそ、大切なのはブラッシングとシャンプーをしっかりとすることです。

シャンプーのしすぎにも注意!

髪が生えてこないのは、もしかして頭皮のヨゴレが落ちていないせい…?そう思い、シャンプーを必要以上にしてしまう人も中にはいます。頭皮を清潔に保つ為にシャンプーは大切です。しかし、必要以上にシャンプーをしてしまうと、頭皮の乾燥をよび抜け毛の原因となってしまいます。痒みやフケへと繋がってしまうことも。シャンプーは、一日一回を目安にしましょう。そして、シャンプーは泡立ててから髪につけ、指のはらで優しく洗いすすいでください。乾かす時は、タオルドライをした後にドライヤーの温風である程度乾かし冷風で仕上げをしましょう。これにより頭皮の乾燥しすぎを防ぐことができ、薄毛予防に繋がります。

帽子を被り続けるのも、薄毛の大敵!

気になる薄毛を隠したい…この思いから、帽子を被る人も多いですよね。ただ、帽子を被ることにより頭皮が蒸れてしまい、同時に頭皮が締め付けられてしまうことにも。これらは薄毛を進行させてしまう要素です。しかし、屋外での紫外線に対しては帽子は有効です。薄毛対策として帽子を使用する際は、メッシュの素材のものを選びましょう。そして、帽子だけで対策をするのではなく、日傘を使ったり屋内では帽子を被らないといった方法をとり、頭皮環境を整えてあげましょう。こうした些細な心掛けが、薄毛対策に繋がります。是非実践してみてくださいね。