薄毛を改善したい方は必見!育毛に良いこと、悪いこと

いつかは直面する薄毛の問題

人間は変化を嫌う生き物です。特に私たち日本人は、受験・就職活動など様々なステージで滑り止めを作り、安定のある人生を選びます。また、既存のものが無くなることに、焦りや不安を感じてしまう傾向が多々あります。それはお金や洋服などの物質であったり、精神的な部分では美貌や心の若さなど、人によって様々でしょう。私たちは失いたくないという「恐れ」と、常に向き合いながら生きていると言っても過言ではないのです。そしてそれは頭髪環境も同様。年齢を重ねれば男女問わず、薄毛の問題と向き合う機会が増えてきます。

治療するか否かは本人次第

中には、髪の毛のことで深刻になるなんてくだらないと、薄毛の症状を放置する方もいるでしょう。一見強い人間かのように見えますが、髪の毛が抜けて嬉しい、なんて思う方はいませんよね。そう、薄毛の症状を経験した方のほとんどが、少なからず喪失感を感じているはずなのです。そして、今後どうするか対策を決めることも本人の自由。AGAクリニックの門を叩くことに恥ずかしさを感じる方も多いようですが、今現在は薄毛治療に偏見を持つ時代ではありません。他人の目を気にし、薄毛を放置したまま後で後悔する方がナンセンスなのです。

需要が高まるAGAクリニック

前述で少し触れましたが、AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、薄毛に悩むほとんどの方がこの病名に該当します。AGAは男性ホルモンに原因がある可能性が高く、一般的な育毛剤では改善が難しいと言われています。そして近年、専門のクリニックで治療を受ける患者数は増加傾向にあります。その治療内容は抜け毛や薄毛を防ぐ飲み薬を処方したり、外用薬で発毛を促すなど、各々の体質に適した方法で症状の改善を目指します。しかしクリニックに通うから安心、というわけではありません。人によっては、医師から生活習慣の改善を求められる場合もあります。

生活習慣の改善も治療のうち

育毛を促す上で、良質な睡眠を取ることは必要不可欠と言えます。睡眠中の成長ホルモンの分泌が不十分だと、髪の毛の成長に悪影響を与えてしまうからです。なるべく6時間以上の睡眠をとり、充分に熟睡できるよう心がけてください。また、日頃の食生活にも目を向けましょう。脂っこい食事を避けビタミンを多めに摂るなど、栄養バランスの整った食生活を意識することが大切です。ちなみに育毛に良い食材は、バナナやアボガドなどがオススメ。これらの食材にはビタミンB2やB6が豊富に含まれており、毛髪の主成分であるタンパク質の生成を促すことができます。