育毛剤の危険性とは?注意すべき副作用

効果が高い育毛剤の恐るべき高リスク

育毛剤には、医薬品と医薬部外品の2種類があります。医薬品とは、薄毛や脱毛症を一つの病気と捉えて病気治療を目的とした育毛剤です。育毛剤としての効果を厚生労働省にて認められています。一方で、医薬部外品は病気治療ではなく、薄毛や脱毛を防止、予防、改善を目的とした育毛剤です。使用成分のなかには、厚生労働省が認めた成分が配合されています。こちらはドラッグストアで購入が可能なので手軽に手に入れることが出来ます。そのなかでも、育毛効果が高いとうたわれている育毛剤は、効果が高い半面、恐るべきリスクも高いとされているので注意が必要です。

育毛剤に含まれる副作用成分とは?

育毛剤に含まれる主な成分のうち、とくに副作用が強くリスクが高い成分が2種類あります。一つは、プロぺシアといって、フィナステリドといった化学物質が主成分の脱毛症治療薬です。育毛剤としての効果は非常に高いことと、購入は専門医師の処方箋が必要になります。元来、前立腺肥大症の治療薬として開発されていたために、発毛効果が得られると同時に、勃起不全(ED)といった症状が副作用として現れることがあります。もう一つは、ミノキシジル成分です。これも元来血管拡張剤として開発されているために、発毛効果と同時に、もし低血圧の人が使用の場合は過度の血圧低下を招く恐れがあります。

頭皮への副作用とは

育毛剤を使用することで、頭皮の発疹やかゆみ、かぶれ、ふけなどが副作用として現れることがあります。頭皮の状態を良くして発毛を促す育毛剤ですが、皮膚には刺激が強い、アレルギー反応などの影響で以上のような症状が出現する場合があります。また、頭皮にかぎらず、顔面や身体の皮膚にも同じような皮膚トラブルが出ることもあります。また、ミノキシジルを使用した初期には、発毛のための脱毛、いわゆる初期脱毛と呼ばれる抜け毛が増える症状に悩まされることがあります。ヘアサイクルを整える途中経過で、成長が止まったままの古い頭髪が一気に抜けるといった現象です。これを我慢すると新しい頭髪が生えてきます。

神経系への副作用

皮膚トラブルと同時に、注意が必要なのは精神や神経系への副作用です。育毛剤を使用する患部の頭痛やめまい、動悸や息切れ、胸の痛みなどといった不快症状に悩まされることがあります。そのほか、手足のむくみや気分の浮き沈み、精神不安などの影響もあります。よって、もともと心臓や胸の病気を患っている人は育毛剤を選んで使用する際には細心の注意が必要です。発毛や育毛が目的で使用を始めた育毛剤で、不快症状、苦痛症状に悩まされては気持ちが滅入ってしまいます。高いリスクを減らして、育毛効果を高めるためにも、専門医師を受診してアドバイスや指導を受けることをおすすめします。