髪は男の命?日頃のヘアケアでハイセンスなスタイリングを!

男性は髪の寿命が短い

髪は女の命という言葉がありますが、その表現が的確なのはむしろ男性の方ではないでしょうか。なぜなら、女性よりも髪の毛の寿命が圧倒的に短いからです。男性は年を重ねる毎に抜け毛やAGAなど、薄毛の症状に悩みがちです。AGAクリニックの需要が高いという現状から見ても、男性は命と同じように髪を大切にします。若さが時間に奪われる様に、髪もいつかは抜け落ちる。この悲しい事実を受け入れられないのは、あなだだけではないのです。とは言っても、毎日のケア次第では髪の寿命を長くすることが可能です。そこで今回は、自宅で簡単に出来るヘアケアメソッドをご紹介します!

頭皮や髪質の現状を理解しよう

この記事を読んでいる方の中には、薄毛対策なんてまだ早いと思う方も多いでしょう。特に流行に敏感な方は、ヘアスタイルを整えるスプレーやワックスに目が行きがちです。しかしハイセンスなアスタイルを目指すなら、自身の髪のコンディションを知ることが何よりも重要と言えます。フケだらけの頭皮や、ベッタリとした髪質は清潔感に欠け、髪のおしゃれどころではありません。また頭皮環境の悪さが、薄毛の原因に直結することもあります。将来髪の毛を一本でも多く残したいなら、自身に合ったケア製品でお手入れを習慣づけることが大切なのです。

頭皮の皮脂バランスに目を向けよう

ヘアケアの基本は、シャンプー選びから。まずは自身に合ったシャンプーやコンディショナーを選び、髪の毛・頭皮に優しいケアを心がけてください。もしも頭皮に触れた際、ベタつきを感じるようであれば皮脂が過剰である証拠。なるべく洗浄力の強いシャンプーを選び、毛穴にある余分な皮脂を取り除いてあげることが大切です。そして頭皮が乾燥しやすくフケが目立ちやすい方は、洗浄力の弱いシャンプーで地肌を保護しながら洗いましょう。薄毛・脱毛の予防は、地肌のオイルコントロールが重要。皮脂が多すぎても少なすぎても良くないのは、スキンケアに限った話ではないのです。

ドライヤーの使い方にも気をつけて

シャンプー中は指の腹を使い、マッサージするように優しく頭皮を洗浄することが大切です。力を込めたり爪を立てるなどの洗浄法は、頭皮を傷つける原因になるので絶対にやめてください。また、コンディショナーをつける際は地肌に触れないよう、なるべく毛髪のみに塗布することをお薦めします。これは、毛穴にコンディショナーが残ることによる頭皮トラブルを避けるためです。また、洗髪後にドライヤーを使用する方も多いと思います。ドライヤーで髪を乾かす際は、熱で頭皮と髪の毛を傷つけないよう、ドライヤーと髪の毛の間隔を20センチ以上離すことを意識してください。