薄毛対策に知っておきたい増毛と育毛の違い

「増毛」と「育毛」の違いについて知っておこう

漠然とした言葉の印象で「増毛したい」「育毛はどうだろう?」と考える人は少なくありません。しかしこの言葉の違いを知っておくことは重要です。ふたつはまったく違うもの。クリニックで「増毛をおすすめします」「育毛の方が向いていますね」と言われても、意味が分からなければ、希望通りの治療に進まないことがあります。薄毛対策をしたいのに、言葉の違いがのみ込めないと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。美しく整ったヘアスタイルを望んでいるのであれば、薄毛対策治療方法をもう少し深く知っておきましょう。

増毛のメリットとデメリット

「増毛」とは、人工毛を、残っている髪の毛に結わいたり、増毛用に開発されたシート状のものを頭部に貼って、頭髪が豊かになったような印象を与えることです。施術を受ければスピーディーに効果が見られ、気軽にヘアスタイル変えられることができます。つけたままでもシャンプーができるし、ある程度のスポーツにも耐えられます。ただしこれはテクニックが必要。専用の増毛サロンで、施術者の手によって装着してもらうもので、自宅で簡単に行うものではありません。そしてメンテナンスを定期的に受けることが前提条件。このため、コストがかかります。

育毛のメリットとデメリット

「育毛」というものに定義はないのです。しかし、本人の髪の毛を増やすことが育毛と解釈されていることがほとんど。育毛剤を使ったり、シャンプーなどで髪の毛を健康にしたり、脱毛を抑えることが目的と考えて良いでしょう。状況によっては低コストで育毛は可能です。なぜならば男性の薄毛の原因はさまざまな要因が考えられるから。ケースバイケースで育毛方法が選べるので、最初の手段として選ぶ人もいます。ただし効果が出るまで時間がかかることと、個人差がかなり出てしまうのが難点。また、重度のAGA患者への育毛に関しては、困難さも指摘されています。

よく調べて自分に合った方法にしましょう

増毛も育毛も、それぞれメリットがあれば、デメリットもあります。しかし真剣に取り組む物事が、ローリスクであることはあまりありません。そこに労力や資金を要するのであれば、どのように計画するのか、なども考えてみると良いでしょう。どうしても育毛に不向きであれば、増毛にすれば解決しやすくなりますし、逆に時間をかけても良いという余裕があれば、育毛を選んでもかまいません。何よりも重要なのは、薄毛の問題が無くなり、自信を持ってストレスが減ることです。最終目的を見誤らないように、しっかりと対策に取り組みましょう。